2018.10.24 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.03.04 Thursday

    妄想族。

    0
      展示会の準備をしていて
      広告の地図を確認していたのだが・・・
      現場の周りにどんな建物があったのか分らない
      こんなに通っているのに記憶にないのだ

      私の車は目立つので、いろんな人に目撃されるのだが
      私は、まず気づかないそうだ。
      前だけ見据えて、ニヤリと笑みを浮かべているらしい (気持ち悪い)

      かなりの妄想族なので、車中は妄想タイムに入っているのだろう。無意識に・・・(やっぱ気持ち悪い)

      興味の無いことなんて、妄想してたら気づかない 
      これから、どんな設計をしようとか、インテリアはどんな風にとか、将来の夢とかに思いを馳せる〜
      幸せな時間。。。
      少し普通でない自分だけど(最近少し分ってきた、、、人に言われるから)
      こんな私ができる設計をインテリアを表現してゆこうと思った。


      2010.03.03 Wednesday

      イモ子。

      0
        dragon.マスターの同僚の方が、走り行く車中から工事現場に張ってある垂れ幕を見て。
        「オノ ノ イモコ (小野妹子)・・・?」 に見えたそうだ。

        思えば、社名にフルネームを使うと決めたものの・・・恥ずかしく
        でも女性と分かるほうが良いので、瞬時に読めないイメージ的なロゴにしよう!と考えたのだ。

        ”イシムラトモコ ” と ”オノ  ノ  イモコ ” 
        略して ”イモコ ”   見間違うのも無理は無いが・・・
        「おののいもこ建築設計」ってほんとにあったら面白いな。



        dragon.house 左官さんにより珪藻土仕上げに入りました。
        3/21.22見学会に向けて全力疾走!しています。 
        2010.02.26 Friday

        擬音で表現。

        0
          英国王室御用達 Sanderson サンダーソン社
          ・・・そんな事は後で知る。

          dragon.house のカーテンが決まりました。 
          二世帯ですから、リビングは1.2Fにあり、どちらにも 一目惚れの生地を選びましたら
          インテリアデコレーションにおいて、名声揺ぎないサンダーソン社であったと。



          このソファーの生地を1Fリビングのカーテンに決めました。。。皆様うっとりしますよ。 

          私はブランドに興味の無い方だと思う。
          20歳から通っているブティックのセレクトしているメーカーすら、うる覚え。
          お店側が私の好みを把握していて、言われるがままマネキンのように何着か試着し購入するので
          憶えるに至らない。

          カーテンのレアな輸入生地は 「マナトレーディング社」 にサンプルを頂くのだが、、、
          メーカーも憶えておらぬのに、ネットにも載っていない ”レア商品” を求める理想高き私。

          以前、展示会などで見た曖昧な記憶を担当者に必死で伝える。
          しかも県外なので電話で、そして、ほぼ擬音で表現。
          「紫のひし形が、バーっと並んだ柄でね・・・」 これは葉っぱの柄だった。
          「真っ赤な葉っぱ模様の輪郭がピシッとしてたよ・・・」 これは自分でもわからんわ。

          毎回こんな調子なので、担当者も慣れてきて、ビックリするほど思い通りの商品サンプルが届く。益々名前を覚えない・・・。 
          2010.02.23 Tuesday

          ”dragon.house” 見学会決定。

          0
             dragon.house
            完成見学会 3/21(日)・22(月) 開催決定。。。
            皆様のお越しをお待ちしております。 あと一ヶ月!頑張れ!職人さん!

            この家は直角に曲がったり、45度に曲がったりしてまして
            その上いくつかの高低さもつけています。かなり動きのある家なのです。
            もし上空から見ることが出来たなら、ドラゴンがその長く大きな体をくねらせて
            大空へと舞い上がる様が見て取れるでしょう! だから ”dragon.house”



            TOYO KITCHEN  デザインへのこだわりを持ったキッチンや
            ハンドメイドビーズ・ベルギーレースのペンダントライトがお出迎えします。

            ヨーロッパの壁紙が映えるリビングも鑑賞していただきたい。
            詳しい場所時間は、後日お知らせします。
            質問お問い合わせはメールにて受け付けております。「お問い合せ」よりどうぞ。。。
            2010.02.18 Thursday

            イー、アル、サン、スー、ウーロン茶

            0
              子供が上海の亡霊にとり付かれて・・・
              「イー、アル、サン、スーウーロン茶。」なんて言い出したら どうしようかねーハハハ!
              何て言いながら上海の古い建物で使用していたアンティーク煉瓦を外壁に貼りました。

              【dragon*house】のコバルト.ブルーサッシに大変合う。 
              ここは外壁に木を貼ったり、木製サッシを使うイメージはなかったが、何かしら表情が欲しくて
              以前から ぬめりの質感や色合いに惚れていた このレンガを提案したのだ。実に良い。




              現場で座談会。ではありません!打合せしています。
              皆が座り込んで笑顔なので、楽しそうに見えますね。
              そぅ楽しい。少なくともワタシは・・・
              幸せだなぁ と思うほどに・・・

              分かり合える仲間と施主さま。皆様に助けられ支えてもらいながら、、、
              dragon.houseあと一ヶ月ほどで、完成です! 

               
              2010.01.28 Thursday

              dragon.セット。

              0
                決まりました。空間を包み込むクロスやタイルたち。。。 「dragon.セット」 このネーミングはいかがなものか・・・
                集結した写真なので、もしや派手に見えるかもしれませんが、
                お家全体はシックで、品のある仕上りを心がけたコーディネイトなのです。



                結局、dragon.house では、ホワイトを全く使わない。(一部サッシは除くが)
                内装を全部決め終えてから気づいたのだが、、、必要ではなかったのだろう。
                必要なホワイトは大いに結構! しかし、無難だからホワイト。では悲しいのだ
                ホワイトは、かなりインパクトのある色なのだから、大切に使わねば! 私はそう思っている。 

                そーゆう 我が家の塗り壁は、かなり白い。 
                写真では分かり難いが、真っ白の珪藻土に備長炭の黒い粒が混ざっている。
                何だコレ?と考えてしまう質感が面白くて、好きなのだ。
                 
                しかし先日打合せに訪れた(我が家を塗っていない)左官職人さんに 「この壁は、下地材かい?」 と言われ・・・下地のわけないだろ! 考えてからモノを言え! と思ったが・・・何だコレ? と考えてしまう質感なんだから仕方ない。


                彫りの深い美女の手にする雑誌 ”VOGUE” の表紙に、のっぺりとした丸顔が・・・
                お誕生日に頂いた オモシロ・バースディカードは嬉しくもあり、残酷でもあり・・・同じ人類とは思えない

                 
                2010.01.16 Saturday

                小さな恩返し。

                0
                  「眠っている天然木があるからどうぞ使って!」 と言っていただき
                  dragon施主様と成武建設さまと出向いた。
                  ・・・倉庫に入り、凄まじい数と状態におののく

                  目的は、和風の書斎のカウンターであるのだが、簡単には姿が拝めない。
                  dragon様・成武建設さまの連係プレーにより、うず高く積まれた板が取り除かれる。
                  完全に傍観者の私は、「写真を撮るから こちらを向いて〜」とか言うし・・・すみません。



                  とにかく、二枚を選出してホッとした。
                  普段から天然木を見る機会は多いが、大五木材さんの爆裂・説明!付きなので状況は全く違う。
                  少しは木のことを 分かった気でいたが、さっぱり分からなっかった。

                  私がわかるのは今まで施主様と造り上げてきた空間の脳内イメージだけである。
                  それを頼りに選び出した木は、きっと良い味を醸しだしてくれるだろう。
                  眠っていては勿体無い!日の目を見て、使われ、愛されたい筈なのだから・・・



                  建築現場に戻ると、玄関框を付け終えた越智大工さんが框のサイズ調整の為、薄くカットした木材を
                  「綺麗だから 石村さん何かに使うかなと思い置いておきました。」 と言う。。。
                  本当に薄い薄いそれを見て、なんだか優しくて、暖かい気持ちになった。ありがとうがざいます。


                   
                  床材 ラスティック・メープルを貼っている。
                  貼ったらすぐに養生して見えなくなってしまうのに
                  「石村さん写真撮りたいかな〜と思い待っていました。」 なんて言う。。。また暖かい。
                   
                  私を暖かな気持ちにさせてくれたのは
                  もみじ建築・大工さんの優しさと
                  眠っていた木材を呼び覚ました木からの 小さな恩返しに感じられた。


                  2010.01.09 Saturday

                  生息地。

                  0
                    最初 ”dragon.house” の施主さま 「天井に木製梁か何か貼りたいな〜」 との要望。
                    梁かぁ・・・何だかdragonさまのイメージではナイのだ・・・
                    と考えたのが勾配天井に板を張る事だった。



                    よくある手法ですが、こだわったのが巾サイズ。
                    フローリングの巾より随分細いサイズで加工してもらった。
                    加工業者さんは異例のサイズのあまり何度も 「間違いでは ないですか?」 
                    との連絡を入れきた・・
                    大丈夫です!一般の基準とは かけ離れた位置で、私は生息してますから・・・。


                     

                    玄関に設置する黒柿が届いた。
                    あれっっ ちょっと大きいね・・・ と思ったが、よい!
                    dragonさま一家も そう言って黒い木目を賛美している。私と同じくらい変わっている・・・

                    変わり者達は思う。。。現場に合わせて加工するではなく、そのままの黒柿を味わおう!
                    迷った時は自然に聞くのだ そうすれば良いように納まる。 たぶん建築も生き方も。


                    2009.12.26 Saturday

                    違いのある見方。

                    0
                      dragon.house のサッシは コバルトブルー。 写真では分りませんな
                      アメリカのマーヴィン社のサッシで、室内木製・外部はアルミのコバルトブルーを選択。

                      風を〜光を〜取り入れる為の窓ですが、デザインを決定づける大きな力を持っているので、手を抜けません!
                      サッシ形状は、練りに練る。そして独自の閃きを大切にした結果 dragon.house はコバルトブルーなのです。 

                      私にはオーラは見えません。なのに言い切る!「貴方にはブルーが似合う!」
                      根拠は無いのに、感じるままを言い切る凄さ・・・
                      しかし受いられるのだから、はずしては無いのでしょう。 無理強いはしておりません。たぶん・・・

                      色の溢れる この世界。 無難だから・・・と選ばずに 
                      違いのある見方で独自のライフスタイルを確立しましょう!



                      さて、、、外壁カラー思案中。 
                       
                      2009.12.14 Monday

                      愛情のサークル。

                      0
                        ”のろし” を上げた。 煙ではありません垂れ幕のこと。 
                        私のは 「目立たないよ!!」 と何人にも言われた・・・可哀想な 〜のろし〜


                        そんなハズでは無かったが・・・ まぁ良い。込められた思いは 誰かに届くだろう。

                        垂れ幕の一般的なサイズ W1800×H3600は 私のイメージには合わないので 
                        H(高さ)3000にして作成したのだが・・・

                        成武建設さんが 「バランスが合わないから」 とわざわざ同サイズで、垂れ幕を新調してくださった。 
                        あぁ感謝せずにはいられない!駆け出しの私には勿体無い心くばり。

                        私にしか分らないような こだわりに付き合せてしまい・・・ 
                        まだまだ微妙にも大胆にもこだわるので、どうか気になさらないで。

                        大五木材の高橋社長が、「dragon.house は石村さんにとって要になるよ。皆の思いが溢れている。」 と霊能者のような事を言っていたが、 私自身もそう感じずにはいられない。

                        人は受けた愛に感謝していれば、又それを人に返す事が出来るのだと思う。 
                        どうやら 繰り返される愛情のサークルに入れたようだ。

                        Img_20091214_0053
                         

                        仲良く並ぶ垂れ幕。 私のはイメージでとらえてくだされば・・・。読めないからハハハ


                        Img_8953

                        ”dragon.house” 上棟式。 もみじ建築の面々とお施主さま。 
                        皆さま若いです。そして礼儀正しく 頼もしく。 

                        昔ながらの式典ですが、若者ばかりなのが、微笑ましいなぁ〜と思いましたね。 
                        同世代達と頑張ります!  


                        Img_20091209_0239


                        今日の働く業者さん〜新山水道さん
                        細かな図面を書いてくださり、工事も言うことありません! いつも私が教わるばかり。

                        Calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << September 2019 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM