› 
BLOG はたらく石

2017/07 << July 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
展示会を控えて
大賑わいの現場。
前回で打ち合わせは最後!って言った…あれは嘘。
確認事項はモリモリ残っていたと
打ち合せなくても最後に現場で集まりたい!
と、言ってくれた施主様ありがとう。
あわや強制徴収かける所でした。
フェンスは
細かくて
固くて
綺麗。
4月8・9(土・日)展示会。
自由に見学していただく展示会です。
どなたも是非お越しくださいませ。
詳しくはこちら⇒HP展示会ページへ

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

ページ上部へ

27Monday 2017.03

タイルの雄たけび。

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
展示会を控えて
ほぼ最後の打ち合わせに訪れた現場で
貼られたタイルを見て感動の雄たけびをあげる
施主さまと私。
キッチン床のタイル
色のバリエーションが様々組み合わせられる
今、大人気のタイル!(ウチのお客様の間だけ…)
ブラックバージョンは初めてだったもので
少々のどきどきと期待で
雄たけびの音量も増すってもの
親世帯の洗面壁タイルは
ホワイトベースにグレーと黄緑のポイント柄。
ホワイトベースは安定の愛らしさ
ブラックベース以上にドキドキさせられたのは
親世帯キッチン壁タイル
攻めの姿勢。
クロスのカラーをおもんぱかっての事。
馴染ませるもの攻めるのも
空間全体の調和をおもんぱかっての事。
今日使ってみたかった言葉・・・慮る。
春だというのに
寒空の外構打ち合わせ。
私とお嬢ちゃまは玄関ポーチで傍観者…寒いとサボる|д゚)
4月8・9(土・日)展示会。
自由に見学していただく展示会です。
どなたも是非お越しくださいませ。
詳しくはこちら⇒HP展示会ページへ

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 


ページ上部へ

24Friday 2017.03

サンタフェ

キッチンとリビングのパーテーション

御主人が探し出したこん身の一撃!

カメラに向けるまなざしに執念が伺える。

いいえ被写体は別に…

サンタフェ

この光景で浮かんだのは…サンタフェ(;一_一)

 

カーテンも決まり

展示会へ向けて〜

おやつをいただきつつ

展示会へ向けて〜

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
4月8・9(土・日)展示会案内完成しました。
自由に見学していただく展示会です。
どなたも是非お越しくださいませ。
さぁ!サンタフェを見に行こう! ←ちがう

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

ページ上部へ

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
4月8・9(土・日)展示会案内完成しました。
自由に見学していただく展示会です。
どなたも是非お越しくださいませ。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 


ページ上部へ

03Friday 2017.03

自転車王国。

玄関には自転車。

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
上下に2台を収納する予定。
試しに掛けてみた
こんなにスマートに収納できるのね!
“自転車王国愛媛”在住にもかかわらず
踏み入れる事のない世界。
「自転車乗れるんですか?」と
聞いてきた業者の事は忘れてあげる…
乗れる(ー_ー)
今日もオクサマのおもてなしをいただく。
現場はさながら喫茶店。
いっつも食べよるわ。
・ 
腹ごしらえのあと
玄関の鋭いライトに皆でおののく
攻めるよ。
子供室のペンダントライトに
良い塩梅の電球をチョイスしてくれたのはご主人
閃きと行動力で

【SLASH / HOME】の

最善を見つけて来てくれる。

正三角形で3台ランダムに吊るすペンダントライト

計算も彼がする…

建築家はカメラ係。

 

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

ページ上部へ

17Friday 2017.02

北欧のライト。

階段の手すりデザインを構想中。

三人がかり…

まだおった…

4人がかり。

決して効率がいいとは思えない…

手伝わせといてこの言いざま(鬼)

 

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
勉強家の御主人に
皆が教えを乞うスタイル。←イカン
疑問を追求する力とか
思考する力が
能力の高さに直結する。
オクサマお手製ブラウニ―をいただきながら
眠り姫のペンダントライトをぶら下げてみる
愛らしい子供室になるでしょう
でも大人になっても使えるように
クロスもカーテンもシックに決めたいわ。
階段下のブラケットライト。
シンプルな北欧デザインがこの家に似合う。
【SLASH / HOME】

4月8・9(土・日)展示会に向けて

工事進行中。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

08Wednesday 2017.02

二世帯のインテリア。

【SLASH / HOME】

二世帯のお家。
 
親世帯のインテリア。
クロスは渋目の若草色がメインで
タイル達は爽やかで元気なカラー
床は畳リビングで…
皆さま想像がつかなくなりましたね〜フフフ

 
子世帯インテリア。
タイルなどは親世帯と同デザインながら
色合いがシックですわ。
 
リビング床には無垢アカシア材を
キッチン床には右奥の●型タイルを貼りこむのです。
とっても斬新!
 
オクサマお手製のちぎりパンをいただきながら
この組み合わせをウットリ見つめ、褒め合う私たち。
【SLASH / HOME】

4月8・9(土・日)展示会決定です。

 

想像つきにくいインテリアでしょうが…

このお家らしさを基本に

上質でシックにコーディネイトしているのです。

ご期待くださいませ。


 

 

 

 


ページ上部へ

31Tuesday 2017.01

グレーの外壁。

外壁の吹付が完了したというのに

モルタル時代とさして変化を感じない

【SLASH / HOME】

されどこだわりのグレー。

今後、

アイアンのフェンスや

木製格子のフェンスが

このグレーを引き立たせてくれるだろう。

 

tea time は棟梁のおもてなし

オクサマの手づくりスコーンと共にいただくわ

【SLASH / HOME】は二世帯のお家。

子世帯はTOYOキッチンのアイランド型で

親世帯のキッチンは前面に造作壁を設けて

リビングの視線避けと収納と兼ねるのです。

高さ等の確認やタイルの貼り方など決めて

子世帯打ち合わせへと移行−

 

こちらでは

新アイテムの追求にいとまがない

ダイヤ型のLEDと

ノスタルジックなLED

御主人の探求心に感服しつつ

 

クローゼットの打ち合わせでは

着なくなった洋服はどうするかの問答に

服が勿体ないから似合う人にあげたいのよね。の私。

『場所も勿体ないですよね』と御主人

『限られた場所ですからね』と…

場所からの発想ってなかった

大好きな服も着なければ勿体ないし

着ない服を置いているスペースも勿体ない

 

視点は幾つもあるもんだ

思えば収納にゆとりがあると気持ちいいものね✩

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

14Saturday 2017.01

子ぐま。

子ぐまが現れた。

捕獲。

寒くなどない

打ち合わせは楽しく

オクサマお手製のパンが食べられるもの。

スラッシュ格子は

ご主人が執念で見つけた逸品。

リビングにはめ込みます。

コレがどうなるのか…

と皆ドキドキしているようですが

浅読みは禁物で

空間に馴染みつつ意味を成す存在になるのです。

続いてのご主人が執念で見つけた

木製パーテーションは

キッチンとリビングを程よく隔てる素敵な役割を担う事になるでしょう。

(↓ほんの一部のサンプルでさえ妄想が広がりテンションが上がる)

執念の【SLASH / HOME】

4月頭に展示会決定です。

ご期待くださいませ。

綺麗な川のほとり。

 

 

 

 

 


ページ上部へ

10Tuesday 2017.01

幾何学のタイル。

とりどりのタイルサンプル

【SLASH / HOME】

ネーミングに添って

決まってゆくインテリア達

キッチン床にこれまでにないタイルを使おうと

…想像しただけでニヤけてしまう。

カジュアルでいてとてもシックな空間になると踏んでいる。

 

新年初の現場打ち合わせ

現場が始まりだすと

アッという間だと皆さま感じるとおり

ストリップ階段の骨組みも現場入り

先日打ち合わせしたばかりのそれは

もう形になったのです。

 

断熱材もギュウギュウに充填されました

断熱サッシと

重量のある断熱材とで

現場はぬくぬくです。

BABYもご機嫌なほど

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop