2016.10.27 Thursday

【Argyle◇house】のインテリア。

0

    カーテンが決まりつつある〜

    【Argyle◇house】アーガイル。

    小窓には少しのインパクトを加えて

    シンプルな空間にエッセンスを

     

    選ばれたライトは北欧のデザイン

    優しい可愛らしい

    【Argyle◇house】を引き立てるものばかり

     

    今日も施主様のお母様お手製のおやつを頂く

    バケツ一杯でも食べれそうな美味しいプリン。

     

    見上げるほどに美しい軒裏と

    立体感のある外観。

    これから外構工事が始まる。

    石垣花壇を計画していて

    お家が引き立つお庭になりそう。。。

     

     

     

     

    2016.10.19 Wednesday

    目下の課題。

    0

      現場事務所

      机は壁材のプラスターボードだけどね。

      【Argyle◇house】アーガイル。

      すでに

      カーテンの打ち合わせが始まった

      もうすぐ大工工事は終了し

      変化の多いインテリア工事の突入の頃。

      絵本のような風合いのタイル

      それに似合うカーテン生地に出会いたい…

       

      モノに出会うより先に

      脳内でイメージが固まるので

      イメージしたモノを探す作業に苦労する

      いっそ織ろうか…と思うほどに

      【Argyle◇house】似合うキャビネットを見つけようと

      懸命に携帯を操作する私たち。

      空間の大きさに対するバランスや

      テイストを突き詰めてゆく

      目指すは空間をぐっと引き立てつつ馴染むニクイ奴!

       

      たとえば

      【トランジスタhouse】

      建築中、運命的に出会った“G-plan”

      このキャビネットはかなり大きさと存在感を放つので

      壁紙に欄間にアアルトのペンダントライトで

      造りこんで馴染ませるインテリアを演出。

       

      【オーカムhouse】

      シックなグリーン系のクロスにしっくり

      こちらもチーク材の“G-plan”キャビネット。

      セルジュ・ムーユのライトには

      このテイストが良く似合う。

       

      いずれも家具だけが浮き立つインテリは好まない。

      調和しつつグレードアップが目下の課題。

       

       

       

      2016.10.10 Monday

      入り組んだ軒裏。

      0

        軒裏の板がご自慢。

        【Argyle◇house】アーガイル。

        外壁下地のモルタルも完成したので

        これから外壁の仕上げ作業で

        結構な深色になる予定。

         

        この家のモチーフとなった

        アイアンフェンスも設置して

        どんな色を施そうかと思案中。

        外壁が完成すればサクッと決まる事でしょう。

        階段に使おうかと

        葡萄のようなペンダントライトが届いた。

        輝きの時が楽しみだわ!

        入り組んだ

        軒裏に

        魅せられる…

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2016.10.02 Sunday

        【Argyle◇house】アーガイル。

        0

          かんざしを挿して

          現場でいただくのは “栗の渋皮煮”

          施主様のお母様は

          いつも粋なお手製のおやつで

          私を魅了する。。。

          ある時は

          現場で“ところてん”

          生姜もゴマも効いた

          涼のある逸品。

           

          ヨーロッパから買い付けた

          ツマミもご用意いただき

          造作扉に使いましょう。

           

          このお家は

          【Argyle◇house】アーガイル。

          皆で選んだアイアンのデザインモチーフ。

           

          ごちそうの並ぶ【Argyle◇house】

          上質な可愛らしさを追求するわ。

           

           

           

           

          2016.09.23 Friday

          少年の情熱。情熱の空想。

          0

            現在大工と

            未来の大工。

            少年の木工への情熱は熱すぎて

            私は関わる事も出来ず

            遠巻きに写真を撮るだけ…

             

            設計士でありながら

            木工への興味などなく

            モノづくりさえも好きかどうか怪しい

            脳内で空想して造り上げるのが好きなのであって

            自ら手先を動かすことはない

            少年は現場に来るたび

            次から次へと

            作品を作ってゆく

             

            持ち前の器用さと

            さらりと工具を使いこなす賢さと

            ただただ好きの情熱と

            しかも実用可能。

            感情が湧き上がり

            ノコをかなづちを

            振るわずにはおられないのだろう。

             

            ワタシは脳内で立体に組み立てつつ

            図面を書く。

            今から書く。

            きっとすぐ終わってしまうだろう

            書く前からワクワクする位だもの

            情熱が湧き出て妄想が止まらない位だもの

            すぐ書上げてしまって

            チェ…と思うくらい。

             

             

             

             

             

             

             

            2016.09.19 Monday

            アーガイル・ビンテージフェンス。

            0

              ビンテージのアイアンのフェンス

              現場入り。

              アーガイルのような模様が

              このお家らしくて

              施主様のイメージでもある。

               

              縦使いか…横使いか…

              散々悩んで

              縦で決定する。

              デザインとしては

              この縦向きでトキメクのだけれど

              柱間にすっぽりと収まるサイズは

              横向きだったりするものだから…

               

              しかしトキメキが重要なのもので

              二枚あるフェンスを溶接して

              サイズ合わす事で収まる。

               

              室内ではタイルが決まって

              ふんわり施主様のイメージにピッタリな

              爽やかで綺麗なタイル達。

              模様に規則性を感じる。

              トライアングル

              ダイヤ

              アーガイル

              幾何学模様が好き。

               

               

               

               

               

               

               

               

              2016.09.04 Sunday

              上棟式✩

              0

                上棟式✩を開催いただきました。

                緊張の面持ちの仙波棟梁は

                難なく祝詞を読み

                その少したどたどしい祝詞を聞きながら

                ここまでたどり着いた今日に感謝が込み上げるのです。

                ファーストプランから

                大そう気に入って下さり

                突き詰めた間取り。

                 

                それは、冬の風物詩“こたつ”が日常だったこれまでを捨てて

                新しい生活スタイルに突入してゆく覚悟。

                 

                いいえ…こたつは使っていいのです。

                ただ、ビッシリ敷き詰められた床暖の上に置くだけ…

                オクサマのご両親さまは

                建築に特化されており

                構造のプロであるお父様の鋭く光る眼をくぐり抜けた私は

                インテリアに長けたお母様とインテリアは勿論

                旅や美味しいもの話しに花を咲かせる日々。

                 

                パワーみなぎる御一族に

                業者陣も緊張しますわ。

                オクサマと棟梁は偶然にも中学の同級生で

                この出会いをきっかけに同窓会に参加するようになった棟梁は

                最大級の天然パワーで皆を楽しませているそうで

                天然パワーがウリの同級生コンビが

                懐深いご主人に見守られる図式。

                時折、天然組に私もすっぽっとハマるけど。

                ご主人のご両親さまが

                一曲…いえ数曲、披露くださり

                現場に美声が響く。

                 

                目を閉じ

                美声に聞き入る

                若き施主ご夫妻に

                感動した……

                 

                 

                 

                 

                2016.08.16 Tuesday

                現場のベット。

                0

                  これまでの建築人生で

                  現場で寝コロガル施主様を見たのは初めてであった。。。

                  寝室で寝心地を確かめるお二人。(寝心地は悪いと思う)

                  薄目で半笑いのお二人。

                  立ちつくすワタシ。

                   

                  このあと一緒に寝転がるべきだったのでは…と

                  自問自答する建築家(=_=)

                  二階はほぼ勾配天井で

                  勾配の始まりは2000mほどと低くとも

                  グングン上る天井に広がりを感じられるし

                  やはり面白いな…と思う。

                  お二人に似合うタイルを模索中

                  ふんわりと柔らかな空間で

                  お喋りしている様子が浮かぶもので

                  このタイルが一番の候補。

                  この要素+北欧スタイルを取り混ぜたいな。

                   

                  ビジョンが浮かびかけて〜

                  通り過ぎて〜また浮かぶ…

                  これを繰り返しているうちに

                  定まってくるお家のスタイル。

                  その作業がまたたまらなく好き。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2016.08.01 Monday

                  お隣で上棟。

                  0

                    あの角を曲がれば

                    あの日を思い出す【本の家】の上棟。

                     

                    巨大クレーンに組み上げられる木パネル

                    今日はお隣で上棟。

                    ワタシの施主様が2件並ぶなんて!

                    あの頃はこんな日が来るとは思わなかった…(大げさ)

                     

                    クレーン車に乗り込んだボク。

                    此れできっと

                    彼は建築業界に憧れを抱くはず

                    未来の人材を育む魂胆。

                     

                    ご主人は炎天下の作業を乗り切る最新アイテム

                    “扇風機内臓ジャケット”を試着し

                    進化を遂げつつある建築現場を体感する。

                    …今日のワタシは大げさ。

                     

                    足場を登り棟梁との語らうオクサマ。

                    空を飛び交うパネルの下で微笑むオクサマ。

                    デンジャラスな光景。

                    2階まで建ちあがり

                    屋根仕舞い

                    炎天下では氷が喜ばれる

                    近頃のお気に入りは“しろくまアイス”

                     

                    コンビニで10個を手に取り

                    レジに持って行ったら思わぬ金額で

                    “しろくまアイス”って何円なんだろう…と思う。

                    そんなエピソードもしっかり語りながら

                    差し入れに価値を付ける建築家は

                    バテ気味の皆に笑顔を要求してカメラを向ける

                    笑顔って可愛い✩

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2016.06.14 Tuesday

                    トーヨーキッチン。

                    0
                      ミルクの入ったドロップのようなタイルが好き
                      イタリアのベネチアンガラス。

                      【トーヨーキッチン】in高松
                      是非とも使いたいタイル。
                      このお家にはどんなかしらね

                      シンプルでいて可愛らしいイメージのある施主様
                      今はキーワードを探っている最中で
                      これから少しづつ確信になってくる。

                      皆、自身の好みを把握していない方がほとんどで
                      一緒に探し確信にしていくことが
                      また面白いってもの。

                      このお家は壁付けのKITCHEN。
                      ご家族の生活スタイルに合わせると
                      このスタイルがベストだったもので

                      扉のカラーはスカッとホワイトで決まり。
                      壁付けのタイルを選ぶのが楽しみで
                      海外インテリアを覗いて見ては
                      好きなモスグリーンで立ち止まる。

                      ヘキサゴンのタイルが気になるのはずっと前から〜







                       
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM