› 
fol blog

2018/09 << September 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

包まれて見えないが…
カッコよくてよ!

家の名は
【house*Hexa】ハウス*へグザ
この家をかたどる素材のイメージの響きであり
この家を持つきっかけや出会いを運んでくれた…モチーフ

今日は暑いのでアイスコーヒーを頂きながらの
現場打ち合わせ。チュー

タイルを選んでゆく

渋さだけではなく
リズミカルなパターンを取り入れる事で
【house*Hexa】のスタイルが確立されてゆく

アイボリー、グレーベースのミニマルで
スタイリッシュなカラーが【へグザ】を彩る

とはいえ
柔らかな風合いが温かさも感じさせる優秀なタイル達。

ジョルジオ・アルマーニを顧客に持つ
ミラノのデザイナーのタイルとか…

外壁にもネイビーのタイルを貼る予定。
防水処理を施しこれからモルタルを塗ってゆく

【へグザ】スタイル。堪能しますわ!



 

ページ上部へ

02Monday 2016.05

イタリアン上棟式。

平屋とは思えない〜大きな平屋のお家。
本日上棟式を開催してくださり
それがまた素敵な演出で
イタリアンのシェフを招いての上棟式☆

玄関ポーチにてお料理の準備してくださり

なんて!美味しそうなの!!

室内では上棟の儀が厳かに執り行われ

緊張しなくなった棟梁の祝詞を安心しつつ聞きながら
ハラハラ聞いていた頃が面白かったのにな…と
悪いことを想う。。。

さぁいただくわ!

施主様にテーブルと椅子を用意して頂けますか?
と、聞かれた日からワクワク待っていた
頼まれてもいない真っ白なテーブルクロスまで用意して〜フフフ

ちょっと緊張するね

ココが現場である事を忘れそうよ

皆さんの心に残るお家になりたいです・・・
と言ってくださったご主人の気持ちが一番嬉しいのです。





 

ページ上部へ

22Friday 2016.04

棟上げ。

待ちに待ちすぎて〜棟上げ!
これまでの工程に時間がかかっただけであるが
首を長くして待った甲斐のある素敵な外観。

そして、平屋とは思えないサイズ感。

この家は
少しメカニカルな装いになりそう
またも、これまでにナイお家になる予感。

足場につかまり棟梁との打ち合せは
構想を重ねた玄関ポーチの収まり
良い塩梅で収まりそうで安堵する。

大工さんの集結が頼もしくて

皆のバランス感覚に見惚れるわ。








 

ページ上部へ

28Thursday 2016.01

地鎮祭。

参列者・・・興味深々で
鍬入れを行う様に食い入る

見届けて笑顔。フフフ

大きな平屋のお家の地鎮祭。
これまでにない男前でシンプルでメカニカルなお家になるのです。

業者の心がひとつとなる儀。

皆で打つ大きな柏手(かしわで)が好き
いつも誇らしく思いながら聞いている。

これからのお家づくりのワクワクを物語る笑顔。
お二人に似合う空間づくりを思うとにやけるワタシがいる。

お二人は私だけでは到底湧いてこない
感覚を持っておられる
私たちがセッションする事で
一体どんな反応が起こるのだろう

それを形にしてくれる皆がいるので心強い。
またも新たなチャレンジを強いるかもしれないが・・・フフフ

さぁ!始まるよ
施主様と新しいドアを開くんだ!
大げさだけどいつもそんな気持ち。。。

笑顔のメンバーで新たなステージを見に行きます。









 

ページ上部へ

13Sunday 2015.12

色。

このライトに反応するとは・・・
なんて男前☆

来月着工の施主様と
トーヨーキッチンin高松

ライトの下で輝くキッチンは
ブラウン☆スパイダーマン
彼を彷彿させる網目から勝手にネーミング。

本当の名前は【メッシュカッパ―】
網目の銅。

至近距離だと見て取れる網目は
距離をとると少しムラのあるブラウンに見えるので
程よいモダンを表現できる。

合わせたタイルはベネチアンガラスで
大人の空間を演出する。

水栓もウサギと呼ばれる
こだわりのデザインをチョイスし

申し分ないほど施主様好みのキッチンになる。

きみどり色の空間に萌えてシャッターを切ると
ミラーに映る自分もきみどりだし・・・

近頃心惹かれるカラーは
レモンイエロー系
その前数年はモスグリーン
なんとなくそのあたりをフラフラ〜している感じ

施主様の内なるカラーを見つける癖が
自然についている
目に映るものだけではなくて
感じる色や質感がある

霊能者ではないよ・・・










 

ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop