2016.08.08 Monday

【カルバリイ教会】HP展示会案内!

0

    【カルバリイ教会】

    隠れキリシタンの灯籠が玄関横のスペースに設置される

    これは“マリア灯籠”

    隠れキリシタンが祈りをささげたものと言われている灯籠で、

    下部にはマリア様の姿が刻まれているのです!

    よく見ればマリア様の人影が

    どうぞ本物を見に来てくださいませ

     

    教会祝福の祈り・・・が書かれた陶器のプレートが

    会堂入り口でお出迎えします。

    教会の祝福の祈り

    ここは平和の神様の住まわれるところ。

    神さまの翼に守られ、兄弟愛に満ち、

     聖書のみ言葉が満ちあふれる場所。

    どうぞ、神さまのみ力があらわされ、

     神さまの豊かなご臨在と祝福がありますように。

    と書かれているそうです。

     

    【カルバリイ教会】展示会案内が出来ました!!

    どうぞコチラヘ▶▶▶ HP[展示会]

     

     

     

     

     

     

     

     

    2016.08.03 Wednesday

    祈りの文字

    0

      【カルバリイ教会】

      祈りの文字を刻む…

      もとい、貼り付ける。

      そもそもの字が読めないので並べてもらい

      同じように貼るだけだから簡単だろうと思いきや

      実際に目前で見ると

      バランスを取るのが難しいらしい

      本来の字のバランスさえも知らない訳だし

      しかし、字が躍っている〜!と

      下からの声は厳しい(鬼監督・私)

      最後は牧師さんと棟梁との合作で

      無事貼り終わる。

      言葉の意味は…何度聞いても忘却の彼方…

      でも心は寄り添っているもの〜フフフ

      由来のあるエルサレムストーンで造作した祭壇に

      燭台のモチーフが付けられた

      とうとうここまで来たんだな〜と

      少しの寂しさを感じつつも

      展示会を思いウキウキするのであった。

      【カルバリイ教会】展示会開催決定!

      8月20日・21日 の二日間

      午前10時〜午後5時

      今治市馬越町2丁目1-3

       

      自由に見学いただく展示会です。

      皆様お越しくださいね

      詳しくは後日HP展示会ページにて…

       

       

       

      2016.07.11 Monday

      アンネの薔薇のステンドグラス

      0

        アンネの薔薇と燭台をモチーフにした

        ステンドグラスが完成した

        どちらも【カルバリィ教会】由来の逸品

        オレンジとピンクのグラデーションの薔薇は

        『アンネの日記』アンネ・フランクゆかりの薔薇で

        毎年その愛らしい色に魅了され

        新聞でも取り上げられる

        ステンドは玄関ホールで出迎えてくれる。

        幼少の頃

        何度も何度も涙ながらに読んだ『アンネの日記』

        どんなにどんなに願っても

        抗えない事が存在するのだ…と

        小さな心を震わせた

         

        御縁に導かれて

        アンネゆかりの薔薇を愛でる今

        抗えないことを

        受け入れる強さが大切だと

        腑に落とし中。

        会堂の中二階

        親子室にて

        牧師様の心使い

        『メープルもみじ』のお菓子をいただき打ち合わせ

        【もみじ建築】を思い

        手に取って下さったのですわ✩

         

         

         

         

         

        2016.07.02 Saturday

        十字架の壁。

        0

          十字架の壁。

          目を凝らしてよく見てくださいませ

          煉瓦を抜いて十字架を表現してみた次第。

          仕上げの外壁カラーを吹き付けると

          もう少し浮き上がるかしら・・・

          オレンジの煉瓦

          天然の焼きムラに浮かび上がる十字架。

          思ったとおり素敵だわ。

           

          会堂では腰壁が貼られてゆく

          アーチの壁に腰板が良く似合う。

          祭壇の打ち合わせ

          カルバリィ教会・聖イエス会の由来の

          天然石が貼られる予定。

          祭壇は祈りを集める場所

          美しく魅力的であらねば・・・

          まだまだ思案中。

           

           

           

          2016.05.18 Wednesday

          十字架

          0
            【カルバリィ教会】
            十字架の位置決めの為
            三人の大工さんがてっぺんへ―

            大屋根なので急こう配が分かりにくいが
            かなりデンジャラス

            人の大きさはある十字架は
            以前の教会から受け継いだもの

            おぉ〜迫力!牧師さんご夫婦と感嘆の声があがる

            横からも見て見よう
            最高の位置で決まったわ!

            サクサク〜と描いた事を
            現実にしてくれる人達に
            ほんとうにありがとう。と心から思う。
            ありふれた言葉は
            皆が日常的に使っているからこそ
            その深さに立ち返って
            腑に落とす事は難しいが…

            ワタシの脳内ビジョンを
            正確な図面にし
            構造を突き詰め
            職人さん達が施工する
            それぞれの務めが現実をおこす。

            現場事務所で打ち合わせ

            4つの天窓が光が〜明るい!







             
            2016.05.12 Thursday

            教会・上棟の祈り。

            0
              ”虹は神々の祝福の印”
              と言われているそう…

              上棟を迎え【カルバリィ教会】お祈りの日
              虹が現れて嬉々とお外に飛び出した

              雨上がりでもないのに架かった虹
              祝福を感じずにはいられないわ

              今日は上棟した教会のお披露目の日でもあり
              信者の方々が集まり
              会堂の天井高さに感嘆の声

              ワタシも自ら設計しておきながら
              天井高くて勾配きつくて驚く…フフフ

              お祈りがはじまり
              牧師様と皆様の祈りの言葉が会堂に沁みいる
              この瞬間が神聖な教会の始まり

              その直後の虹だったもので
              驚きと喜びで嬉しくて

              祈りが
              建物に沁みわたる。
              これから幾重にも
              この空間を祈りで満たしてゆく。

              教会は祈りで造り上げてゆくものなのだと
              全ては
              思いが造り上げるものなのだと
              感じた祝福の日。




               
              2016.04.30 Saturday

              雨上がりの上棟。

              0
                雨上がり
                上棟開始。

                【カルバリィ教会】会堂の一階部分が上がり
                早く全貌が見たい〜と訴えるも
                今日中には無理だわ

                早く変化が見たいと思えど
                歩みは着実に一歩一歩
                ふと、向かいの川のカメの鎮座を見つけ

                こちらに釘づけ

                全く動かん…

                牧師様がお昼をご用意くださり

                牧師様ご夫妻の嬉しい笑顔にも会えて

                皆で食べたお弁当は格別だわ。

                明日は全貌が見れます!!




                 
                2016.04.26 Tuesday

                もうすぐ棟上げ。

                0
                  【カルバリィ教会】
                  美しい基礎が出来上がり
                  棟上げの基盤となる土台敷きの始まり。

                  2年の年月をかけて
                  ここまで辿りついた教会の
                  棟上げに向けて〜

                  笑顔の精鋭大工たち。

                  大きな吹抜けを持つ会堂が
                  この後形を露わにするの。

                  アーチをモチーフにした会堂で
                  祈りをささげるのはあともう少し…

                  この瞬間を存分に味わいましょうね!


                   
                  2016.04.13 Wednesday

                  ライオン坊や

                  0
                    ある日の打ち合わせ

                    平面図を見ながら
                    壁面を東西南北に分けて書いた図面の確認する。

                    東西南北で説明し続けると
                    混乱する……
                    そこで施主様が編み出した策

                    見たい壁面に合わせて
                    平面図のライオン坊やの向きを変える
                    すると脳が方角をビジョンで処理する為か
                    混乱が生じない。

                    坊やになり切り
                    図面の中を歩く気分で
                    スムーズな打ち合わせ〜

                    いつも
                    立体の空間にいるような感覚で
                    プランしてゆく。
                    真っ白な紙の上に思い描く建物を描いてゆく
                    固定観念には囚われない
                    歌いながら描いてゆく

                    現実の世界では、基礎工事。

                    配筋を終えてもうすぐ完成を迎える

                    綺麗な配筋だ…


                     
                    2016.02.23 Tuesday

                    教会・起工式

                    0
                      カルバリィ教会・起工式が開かれました。
                      いつもで言うところの地鎮祭にあたる式典。

                      少し緊張するも、皆様と讃美歌を歌い心がほぐれ
                      この日を迎えられた事に…幸せな思いが湧いてくるのです。

                      渡部牧師さまの聖書の朗読に
                      その聖書の持つ意味などを
                      細やかに説明してくださりながら式典は進む

                      牧師さまの手に持つ紙は
                      イスラエルの死海近くの洞窟で
                      素焼きの壺に入って発見された
                      紀元前の旧約聖書の写本の断片

                      勿論レプリカですが
                      以前旅先でいつか教会建設に携わる事があったら
                      祭壇下に埋めようと購入しておいたのものだそう……

                      多くの神父さまがおられる中で
                      教会建設に携わる可能性は僅かだと思うのですが
                      渡部牧師がその壺を手に取った思いは
                      この日に通じていたのだと思うと
                      なんだかジーンとするのです。

                      その壺を祭壇下に埋める儀。

                      恐れ多くも私から始まり、
                      リボンのついたスコップは信者代表の方へ

                      最後にもみじ建築・乗松さんへと渡り

                      起工【鍬入れの儀】はつつがなく終わりを迎えるのです。

                      そして、いつにも増して琴線の研ぎ澄まされた私は

                      業者あいさつに聞き入って下さる皆様の姿にもジーンとし

                      『皆様に出会って2年が経ち、ようやくこの日を迎えられました…』
                      と、自分で放った言葉に胸を熱くし、その後ボンヤリ喋るも…
                      やはり皆様に伝えたい事は、この日を迎えられた事への感謝です!

                      この日を迎えられた喜びを教会建築に注ぎます。

                      この笑顔が増々輝きますように。

                      お花いただいてウキウキ♥




                       
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM