2018.10.24 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.08.23 Monday

    ビバリーヒルズ。

    0
      お客様とのお買物が何よりの楽しい時間。
      9月1日にOPENを控えた 
      「ヴィレ」に置くものたち。

      美容室に来られたお客様にお出しするカップやトレイなど
      インテリアのイメージに合わせてチョイスする

      琥珀色の物体は待合に置く予定で
      美味しい珈琲を乗せるテーブルにしよう。
      この素材とは異質の”土の風合いを残した北欧風の柄のカップ”が似合うと思う。
      そこまでイメージは固まっている
      今回は見つけられなかったので次回!

      怪しげなサングラスは私のお買物
      美容室オーナーによれば『サイコーに似合う!!』という。
      お陰で怪しい装いに拍車がかかる

      古いけれど、オレンジ色の派手な愛車に乗り込みサングラスを掛ける
      わたしの気分はビバリーヒルズ。
      しかし夫に…虫!?と言われ大変残念である

      この椅子は、待合の椅子。
      椅子の背景に輸入の柄クロスが来るので
      背もたれがOPENでそこから覗く柄を楽しめる。 
      このブラックウォルナットからの柄はきっと綺麗☆


       
      2010.08.21 Saturday

      看板。

      0
        涼やかなミネラルウォーターにCDコースター 
        はじめまして!とお邪魔した【Kai Works】上鶴氏の事務所にて
        美容室の看板作成を依頼し打合せに訪れる。

        初対面なのに、嫌がる上鶴氏にカメラを向ける。
        同級生と聞いて強気なワタシ。 
        連れて来てくれた【もみじ建築】乗松氏はすっかり被写体慣れしているわ!

        私は建築業界13年ではあるが
        住宅に比べて店舗経験は少なく
        看板デザインは不慣れである
        というか苦手。
        デザインしていてもあまりワクワクしないから…

        誰かに斬新なアイデアを求め
        横から口出しするという
        感じの悪いスタンスが好きだ!
         
        乗松氏のはからいで出会えた上鶴氏は
        さくさくと斬新な提案をしてくださった・・・あぁ安心感。
        一瞬にしてお任せを心に決め、言われるがままにうなずき
        そっとカメラに手をかけるのであった・・・フフフ


         
        2010.08.17 Tuesday

        貼り応え。

        0
          ”ポカリ・スエット” が似合うタイルを大胆に貼りこんだ 美容室「ヴィレ」 
          オーナー好みのブルーグリーン
          私も大好きよ 孔雀色

          素材は大胆に使うのが私のこだわり
          素材が存分に生きるように 計算された分量で。。。

          前回紹介した 天然木 ”ヒッコリー”は、この表情深いタイルと引合うようにと選んだのだ。
          ナチュラルであり渋い色合い 流れる木目と黒いラインが気に入っているわ
          詳しくは 大五木材 高橋氏 のブログ にて〜

          こらから始まるクロス工事。
          質感の良い薄いクロスや 輸入の紙クロスを選んだので・・・苦悩が増す クロス職人・永井氏
          「シックなクロスとタイルの調和が楽しみだわ!」 プレッシャーをかけておこう

          同じく エントランスに選んだ天然石が・・・大そう貼りにくいので
          うず高く積まれた石を眺め思案する タイル職人・武智氏

          上から見た目には分からないが・・・
          厚みがバラバラなので、腕の試される貼り応えのある石なのだ

          私は薄く・鋭く・尖ったモノは好みではナイ 
          なので 柔らかく自然な割れ具合にこだわった。
          この色合といい〜質感といい〜 大変好きだー 
           
          ただ、職人さん達は、この難題を少々面白がってくれるほど腕の良い方たちばかりなので
          私は、好き勝手にデザインを選び楽しんでいる。
          ありがとう。信頼できる皆様のおかげ!!
          2010.08.13 Friday

          真剣顔。

          0
            彼のこんな真剣な顔を 今まで見たことはなかった・・・
            大五木材 高橋氏。

            店舗に使う天然木を捜し求め〜
            「今日持って帰る! そのまま現場に届けるの!!」 ・・・かなり無茶を言う私。

            莫大な量の天然木が眠る 倉庫を二人で駆けずり回り 出会ったわ
            空間にマッチする荒々しい ”ヒッコリー” これよ! 昨日夢に出てきた木は!(うそ)

            持って帰る!と言い張るので どうにか仕上げる!!と高橋氏

            切る・・・真剣。

            削る・・・真剣。

            もっと削る・・・真剣。 

            ここで、私は木粉を浴びる。立ち位置を誤った・・・

            サンダーあてる・・・真剣。

            大五の看板を背負う男は
            語って(しゃべって)ばかりでは ないのだ!!  
            十年来の付き合いになるのだが、今まで気づかなかった〜ふふふ

            WAX担当のナナさん 仕上げる

            美しく仕上がった 天然木は 美容室 「ヴィレ」 へ届けたわ。
            急がしてすみません! これからは心を入れ替えて早めに発注します!・・・多分
             
            2010.08.09 Monday

            紙一重。

            0
              どれほど平面図を 緻密に描いたとしても
              伝わらない脳内イメージ
              施主様にも業者さんにも分かるハズは無く・・・なのでパースにしたためよう。

              自分がどう考えていて、どのように表現したいのか
              瞬時に現場に伝えなければならない
              デザインは私の脳内にしか存在しないのだから

              美容室「ヴィレ」 の工事の真っ只中
              もみじ建築を筆頭に多くの職人さんで溢れている

              飛び交う質問に、決断の連続〜〜私はこの忙しい状況が とても好きだ

              いくら馴れているといえ、新たな試みを好む私が 何を表現したいのか皆に分かるはずも無く・・・
              コミニケーションやパースを書きながら 進んで行く現場が楽しいのだ
               
              空想する力が、現場に生かされる。
              建築家でなければ、おかしな空想屋として人生に行き詰っていただろう
              紙一重とはこの事だ・・・ふふふ
              2010.07.28 Wednesday

              意思。

              0

                美容室「アート ヘア デザイン ヴィレ」の着工式が行われた。
                住宅でいうところの地鎮祭である。

                数々出席している地鎮祭ではあるが、見慣れないアイテムが一つ
                人口蝋燭。 気になる・・・
                神主さんがいぬまにレイアウトまで変えて撮ってみた

                野外で行われる事の多い神事であるから
                風で消える事を避ける為の工夫なのだろう
                味気なさを通り越して“おもしろグッズ”の域に達している。神事なのに・・・


                限られた工期のため、湧いてきたイマジネーションを即座に形にする。
                コーディネイトプランが、ほぼ決定したという事である。

                シックな大人の女性をイメージしたインテリア
                女性が美しくなってゆく場所なのだから
                心地良い異空間を演出しようではないか

                ドイツ語で「意思」を意味する ”wille” ヴィレ 
                自らの意思を貫いて、腕を磨き、独立にまでたどり着いた
                オーナーにピッタリのネーミングだ

                ブレることのない強い意思を持つ彼女との出会いは、
                大きな刺激となって私にイマジネーションを与えてくれる。
                ・・・・・ちなみにドイツ語には何の御縁もない。



                 

                2010.07.24 Saturday

                もぅ迷わない。

                0
                  ここは玄関ホール
                  またも魅惑の照明器具に出会う もちろん即購入。
                  糸状にした金属を編み上げたそれは レースよう〜

                  ずぅーっと以前 
                  同じ技法で造られたイヤリングを持ってた。
                  とても繊細で素敵で・・・なのに当時そんな雰囲気のアクセサリーをしているのは
                  私かどこかの民族の方のみ・・・つまり当時の流行ではなかったのだ。

                  若い私は流行を気にして、つける事をしなくなり(こんなに好きなのに)
                  もう一生使わないだろうと捨ててしまった・・・
                  なんて弱いの!!流行に負けるなんて!

                  〜こんな後悔を経て今の私があるのだ。
                  もぅ迷わない。。。
                  もしか先見の名があるのかもしれないし。



                   
                  Calendar
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  2930     
                  << September 2019 >>
                  PR
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  Recent Trackback
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM