<< 小さな恩返し。 | main | 気になる存在。ゾンビ。 >>
2010.01.19 Tuesday

分析。

0
    図面に追われ、締め切りに追われる漫画家のような風貌でこもっていた。
    そのまま、ズボラなカッコで、通いなれた場所に出向いたら
    誰かわからない! いつもと雰囲気が違う!! とまで言われ・・・落ち込む

    とぼとぼ帰宅し、ホームページ作成の為の文章をマシンのごとくPCに打ち込む
    プロフィールに好きな映画を載せようかと、リバーフェニックスの 「旅立ちのとき」 が
    脳裏をかすめた・・・泣ける。かすめただけで、泣ける。

    どうした私!そんなに涙もろかったか?
    いえいえ、先ほど受けたダメージで、ハートが敏感になっているのです。
    しかも、こもってたから外的刺激を受けず、ハートがより繊細に・・・馬鹿げた自分を分析してみた。

    こんな私の事はいい。  素晴らしい映画を鑑賞しよう。



     STORY
    かつての反戦活動家として今も警察に追われる両親。
    一家は15年間 名前を偽りアメリカ各地を転々と生きてきた。
    長男ダニー(リバー)の音楽の才能を見抜いた教師は、名門校への入学を進めるが
    それは両親との決別を意味していた・・・



    脳裏に焼きついているシーン・・・。

    コメント
    やはり、あなたも人間だった・・・「戦場のメリークリスマス」の台詞が浮かんでゆきます・・・。私も落ち込んだ時は(ほとんど落ち込みませんが)、必ず朝「ストリート・オブ・ファイヤー」のDVDを観てから出社していました。う〜ん、なんて幼い、なんて単純な私。落ち込んだ時には暗い映画や音楽を観たり聴く方が、回復が早いという間逆にあえて挑みハートを鍛えていました。繊細なあなたのハートは柔らかな筋肉です!いい映画でいっぱい泣くべし!
    かけら様。ハートの鍛え方が、貴方様らしい!しかも朝一の映画鑑賞!
    いつも深夜の映画鑑賞の私には、健康的な生活が眩しい。。。
    よき映画に触れて鍛えます!
    • はたらく石
    • 2010.01.20 Wednesday 15:29
    リバーフェニックスの画像見て心がキューっとなりましたよ
    すでに新たな生命に再生していて、やはり大好きな役者になっていそうよね(笑)
    「ずぼら」とは、、もしかしたら親族用語かもしれない…?
    私も基本ずぼら体質!気をつけねば…!
    • ei
    • 2010.01.21 Thursday 00:46
    ei様
    信じられません! 
    ずぼらを当たり前に使ってきましたが・・・はずかしい。分からない人もいるのかも・・・。
    しかし、リバーがこの世の何処かに生を受けていたら素敵ですね。
    才能に溢れているはずだから、何かしらスターになって姿を現す事でしょう!早く見たい!!
    • はたらく石
    • 2010.01.21 Thursday 10:43
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM