<< 祝・上棟。 | main | オーカム・ハウス >>
2012.08.17 Friday

祝いの宴。

0

    お盆休みに入り県外へ脱出。
    お供のiPatは失くしたばかりだし・・・(-_-;) いったい何処へ・・・
    PCから身を離した生活は、久しぶりだったわ。

    そんなお休みの前日には、素晴らしい“祝いの宴”に身を置き幸せを味う。
    【チカミ.ハウス】の工事に携わった業者皆々を 施主様がねぎらってくださったのだ。

    20人を超える業者さん達それぞれが、【工事中にツラかった事などを発表しよう!!】
    という余興では、かなり笑わせてもらった(>_<)!!
    しかし、皆があんまり正直に話すので、少々ヒヤヒヤしながら〜
    それでも、施主様ご家族が、時にはビックリしつつも
    とても嬉しそうに笑ってくださっていたので、それがまた嬉しかった。。。

    とりわけ深い想いのある 松田棟梁 の語りには、ジ〜ンとしてしまう(*_*;
    私とケンカした事〜(詳しくはコチラ(-.-) 
    施主様に想いが伝わらなかったのでは・・・と心配になった事。
    膨大な工事の段取りに、先が見えず不安になった事。
    そして、このお家を通して自分の幅は、大きく広がり
    この役割を自分に与えてくれた施主様と乗松社長に、深く感謝していた。。。

    このプロジェクトは、皆にチャレンジ精神が無ければ成功しなかった
    それは、古びたお家を初めて見た時から分かっていたし
    その前向きな気持ちを皆が持ち、それを維持する事はとても大変だな・・・と感じていた
    しかし、その強い気持ちを施主様ご夫婦が、私に植え付けてくれ
    その気持ちを もみじ建築・乗松社長 は、すんなり受け取り、松田棟梁 に繋いでくれたのだ
    そして、想いは、業者皆々まで繋がった・・・

    『この家【チカミ.ハウス】は、皆さんの作品です・・・。』
    『どんな職業であろうと、自分の腕や精神を高める為のプレッシャーや
    チャレンジを自ら枷せる事は難しい
    だから、今後も面倒をいう施主の言う事に耳を傾け続けて下さい・・・。』

    ・・・施主さまの言葉が、深く強く胸を打つ
    この言葉を仲間達と聞けたことが本当に嬉しい。

    そして、たぶん誰より私が成長させてもらったのだと、心からそう思った。






    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM