<< 展示会案内。 | main | 迫りくる展示会。 >>
2018.10.24 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.05.14 Saturday

    高笑いの女。

    0

      “高笑いの女”は どこにでも出現する・・・

      カフェ・クレマでの業者さんとの打ち合わせの最中や
      施主様との打ち合わせの喫茶店で
      建築現場での雑談でも

      私の存在は、高笑いで分かるらしい
      知らなんだ・・・店内に響く笑い声を振りまいていたとは・・・お恥ずかしい。

      立て続けに、偶然会った友人に言われ、気づかされた真実。
      今更気づきたくなどなかった・・・この歳からでは直しようがない
      高笑いの最中は、楽しくてしかたなくて、周りなど見えてないし
      集中すると見えなくなるので、基本、何も見えていないのだろう

      思えば幼少のころ 
      自分を見失って大笑いする母が恥ずかしくて「声が大きいよ!!」と何度注意したことか
      興奮気味の陽気な母は、幼子の言う事など聞く気はなくて
      我が道を貫き今に至る。

      そうして、その母に「店内中に智ちゃんの高笑いが響いてたよ〜」と言われる私・・・
      もぅ治らん。 




      2018.10.24 Wednesday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        え〜っ、まさか自覚がなかったとは・・・!
        もう男らしいの領域にまで達したあなたの、豪快で気持ちの
        良過ぎるくらいの高笑いは、日本の守るべき伝統芸能の
        1つと言っても過言ではありますまいっ!
        どんな辛い現場(あったかな?)でも、あなたの高笑いで
        どれだけ多くの人が救われた事か。あなたの裏表の無さが
        伝わってきて、もう細かい事なんか気にして生きていかなくていいんだ!とまで思わせてくれる、セラピーの如き癒し感、
        全てを振り切った潔き諦観、少年(少女)のような屈託の無さ、どれもが全てあなた自身であり、決して高笑いを止めてはいけない。それは、あなたでは無くなる時、志を捨て去る時、あなたの羽ばたく翼が休む時・・・。
        高笑いよ、永遠なれ!

        ※スミマセ〜ン、見学会の日ですが、またまたイベントが重なっており、フルではお手伝いできません(涙)。何とか日曜日に抜け出してお伺いするつもりです・・・。そんな心苦しい私の胸の内を、どうかその高笑いで笑い飛ばしてやって下さい。
        • かけら屋
        • 2011.05.16 Monday 08:09
        「マルサの女」
        「スーパーの女」
        「マルタイの女」
        「タカワライの女」
        伊丹シリーズ最新作?
        的なタイトルに
        つい、
        反応しまっちゃいました。

        そうですか、
        遺伝なら仕方ないですが、
        あきれられ気味に
        レイちゃんに注意される様が
        目に浮かぶ様です…
        かけら様
        自覚などナイ!
        「声が良く通る!」と長所のようにとらえていただけ・・・
        言葉を選び、気づかせようとしてくださっていた方々の
        言葉をそのまま受け取っていたまで・・・
        私に裏表は通用しないわ!都合の良いようにしかとらないもの

        伝統芸能は受け継がれます。
        この血を絶やしてはならない!
        小さなことなど高笑いで吹き飛ばしましょうぞ
        大きな視野を持ち、高く高く笑い、遠くを見据えて手元が見えない。。。
        こんな伝統は母からの贈り物。
        神からのギフト。

        *展示会は賑やかしにおいで下さい。
        OBの方たちが、かけら様を待っています〜
        展示会のありようを考えたら、皆で楽しんでワクワクするのが私の目的で
        お手間もお金もかかるけれど、どうしてもそれでイイ!!と思ってしまう。。。ハハハ
        • はたらく石
        • 2011.05.16 Monday 11:09
        意匠様
        伊丹シリーズのひょうひょうとしたムードに女の高笑い。
        実は遺伝を追及した映画。とか、案外深い映画になるかもよ。。。無理ですね。

        レイちゃんは何故か?母びいきなのでまだ注意しませんが
        サイくんが『灯台もと暗し・・・』と言ってたのは
        目前が見えていない母の事を例えたのでしょう。
        客観性が欠如した人に育てられるとこんな子になるのね。
        伊丹氏亡き今、サイが『高笑いの女』を撮ってくれるはず
        その折には、マサくんに出演していただきますよ。
        高笑いの女と謎を解いてゆくワトソン君の役で・・・
        サイは推理が好きなので、多分シャーロックホームズ風になるハズ〜
        • はたらく石
        • 2011.05.16 Monday 11:28
        見つけてしまうみたいですね(笑)
        速攻でメールが旦那様からきましたよ♪笑い声で発見!!と(笑)
        それだけ頭に残る、すてきな笑い声なんですよ♪

        展示会、家から近いので、またOB?業者?!(笑)として遊びにいければと思ってます。
        • ワインベリー
        • 2011.05.16 Monday 12:04
        ワインベリーさま
        見つかってしまいましたね〜まさかと思う場所で ビックリ!
        お仕事の真剣なお話の場で、高笑いの必要がどこにあるのかしら?とお思いますねー
        しかしワインベリー邸の打ち合わせも笑いに満ちていたのを思い出します。
        素敵な笑い声なんて褒めたら、また調子に乗っちゃうかもよ〜

        展示会件OB会。お待ちしております。
        ワインベリー様なら、近くなくともいらっしゃると読んでますわ・・・
        県外でも来てくれそうよ。。。

        • はたらく石
        • 2011.05.16 Monday 16:11
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM