<< 思い描いた異空間。 | main | 違いのある見方。 >>
2018.10.24 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2009.12.19 Saturday

    もしも私が作家なら。

    0
      ご両親は ちょくちょく 現場にいらしゃる。 
      dragon.house は二世帯なので、我が家を見に 来られるのだが、
      隅々まで いとおしそうに観察される様子に嬉しくなる。 素晴らしい親孝行だわ!! と思うのだ。
       

      私も両親に こんな喜びを感じさせてあげれたらな・・・と思うのだが。 
      父は定期的に ”奇行” に走っているので、そっとしておこうか。

      先月は、ピアノを解体していた。(もちろん随分前から必要なくなっていた) 
      バラバラになったそれは、美しい内部をあらわにしていたが、 いったい何の為に・・・

      「きれいだろ。おまえなら家のインテリアとして使いこなせるだろう。持ってお帰り。」 
      おいおい、それは無理だろ・・・

      「こんなに綺麗なら、トモコが気に入るだろう。」 と母に言いながら解体に勤しんだらしいが
      悪いが期待には答えられない・・・  

      Pia


      もしも私が作家なら、父と母 (彼女もかなり凄い) の奇行の数々を 本に綴るだろう。 
      それは、口コミで広がり、ヒットするのだ。 
      そして、その印税で、彼らに家を建ててあげよう!想像するだけで、ワクワクする。 
      現実と夢を行き来する娘。

      勝手な事ばかり書いてるが、、、彼らは面倒なので、私のブログを見たりしない。 
      それくらいで丁度良い・・・ふふふ  今月の奇行は、又今度。

      2018.10.24 Wednesday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM