› 
fol blog

2018/10 << October 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

23Thursday 2010.12

レオニー。

来世は、歌手になろうと思っていたけれど・・・
映画監督に変更するわ!

最終上演の今日 『レオニー』 (天才彫刻家・イサムノグチの母) を観て感動。。。涙
クリエイティブな仕事してるくせに、イサムノグチ氏に今まで興味が無かったが
壮絶な生い立ちを乗り越えての成功に、、、レオニーの勇気と潔さに
これからの自分の生き方を 深く考えたいとさえ思う・・・

自らの人生を考えさせられる作品に出会うと、「生み出す人になりたい!」 と思うのだ。(毎回)
なんて単純で、極端なの・・・

数週間前 『レオニー』の映画監督・松井久子氏 の公演会に行ったのだが 
”モーニングセミナー” の皆様がお手伝いしていて
(セミナーに通う〜カフェクレマ・オーナー妻(妹)に呼ばれる)

講演会場の受付で、社名の書かれた名札を貰うと、
そこに 「オフィス イシムラトモコ」 とだけ書かれている・・・
”建築設計” が抜けとるがぁぁー!! 
何の会社なのか、どれほど自分好きなんだ!と思われた事か・・・妹の手配ミス。

疲れていた為、素敵な話にも関わらず、ウトウトしながら
終了を伝えるアナウンスの声に、聞き覚えがあり 虚ろに顔を上げると
妹が司会している・・・ずっと気づかなんだ・・・

おまけに、友人に 『レオニー』 と言おうとしたところ 『ミザリー』 と、いいまつがえる。
真逆の二人・・・
  
こんなんですが、感動したのです。

HP・展示会レポート アップしました。 どうぞコチラからー。

ページ上部へ

コメント

RURIKO2010/12/23 10:19 AM
おはよう!先日の展示会ではお邪魔しました。久しぶりの“生”トモコ作品に触れられて楽しかった♪
初めてのコメントでちょっと気恥ずかしいんだけど、『レオニー』に導かれた・・・。観たかった・・・。やっぱり感動したのね・・・。いつか観る!必ず!!
はたらく石2010/12/23 12:41 PM
RURIKOさま
とてもお忙しい貴方なのに、、、来て下さってありがとう!
『レオニー』 ・・・母は見るべき映画ですわ!!
若干女性よりなので、男性の感想は分かれるでしょうが
女性に何かを訴えかけることは、間違いない!
私は、邦画の感動モノなんかの”ゆっくりしたテンポ”は苦手だけれど、
ハリウッド映画のようなテンポの良さも気にいった。
じぃ〜ん。。。として、強くなりたい!と心から思ったのです。
yamagiwa2010/12/23 9:10 PM
レオニー感動しました!
母は強し
まさにイサム・ノグチの原点ですね。

モエレは行きたいけど、最後のシーンはどうかと

途中あれだけ晩年のイサム・ノグチを描くのであれば
牟礼のアトリエで終わって欲しかった。
地元だからそう思うのでしょうか・・
はたらく石2010/12/24 12:32 PM
yamagiwa河瀬さま
いいえ!地元でなくとも、最後のシーンは要りません!
私も気になっていました。
わざとらしく遊ぶ子供を見つめるレオニー・・・
あれを除けて、娘についてもう少し描いて欲しかった。

しかし、天才は違いますね〜
生まれながらに、凄まじいパワーと勇気を秘めていて
日本にずっといたら、力量が発揮出来なかったかも知れないけど・・・






 cookie
トラックバック

http://ishimura.jugem.jp/trackback/205

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop