<< 漁師とジェリー。 | main | 展示会の飾り付け。 >>
2010.12.07 Tuesday

心配りの賜物。

0
    贅沢にも、地袋の引戸にまでも ヨーロッパ輸入クロス貼る 「住み継ぐ家」

    普通の ”引き手”(木製とか) を使うと クロスの雰囲気の邪魔をするので
    掘り込みを作り ”引き手” として クロスを貼り込むよう お願いしたのだが、
    掘り込み奥に シルバーのクロスを配するなど 細やかな心配りを見せる職人!

    本当に些細な事であるので、皆が気づく事はないだろうが、
    人は明確に認識しなくとも、雰囲気で美しさを感じ取れるものであり
    些細な事ほど、美しい雰囲気を醸し出すものである。

    この家が、そこかしこに、些細な美しさをも宿すことが出来たのは
    個々の職人さんの腕と心配りの賜物である。。。

    私の目が全てに、行き届く事は残念ながら不可能であるし
    生まれながらのドジ人間が目を光らせたところで、大したことはナイ・・・
    皆が心を込めてしまいたくなる〜”空気感” がここにある事が、良い家に繋がるのだと思う。
    だから、現場はホントに楽しい! 

    親子で職人の永井氏。 難しい輸入クロスも平気で涼しげに〜貼リこなす。
    襖職人であるので、屏風なんかも金物を使う事なく 和紙だけで作れる凄い方達なのだ。
    しかも面白いお人柄で〜一緒にいると 笑いが止まらない〜

    古い建具を見事に蘇らせた 塗装職人・大西氏
    独自の技法を 自慢するだけの事はあるわ〜見事です!

    ”竹久夢二” デザインの復刻版クロスで仕上げた建具
    施主様が言う 「これの名前って ”わかめ” でしたっけ?」
    「・・・・違う ”よもぎ”(笑)」 
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM