› 
fol blog

2018/08 << August 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

04Wednesday 2010.08

心がえぐられる映画。

観終わった直後・・・もう一度観たいと心から思った。
大変好みな雰囲気と重さのある映画 「インセプション」

迫力の映像の割に 3Dではない点からして 見てみたく (内容が濃い証だと思い)
アイデアを盗むというコピーにも興味があったが
このコピーから連想させるものとは まったく否なる内容であった
というか、凡人では発想出来ない内容。

監督クリストファー・ノーランの能力に脱帽した 「ダークナイト」
ヒース・レジャーの怪演が棘のように刺さったままなの私 

心がえぐられるような脚本である事は この2作は共通である

内容は語りますまい。というか深すぎて語れない

私が 「脳に進入してアイデアを盗む」 という 内容とはイマイチ否なるコピーに反応したのは
アイデアを糧に仕事をしているからであろうか

誰も脳に入ってまで私のアイデアを盗みに来ないと思うが
図面にしたためたアイデアが私の手から離されるという事はあるやも知れない
デザインする者にとって、なによりも辛いこと・・・
気づいてしまいたくないほどに
いっそ脳内からもぎ取ってアイデアは無かった事にした方が楽かもしれない

若干、被害者の側に立って鑑賞したので
ディカプリオや渡辺謙は身勝手だな・・・なんて思ったのだ

ページ上部へ

コメント

渡邉意匠2010/08/04 2:44 AM
逃げようと思えばピンチ
腹を据えればチャンス!
試練を乗り越えられた人には
魅力的な人格が
ご褒美されるのです。
fujita2010/08/04 3:47 AM
世の中でいうところのクリエイティブなお仕事をしている方々。クライアントの想いを具現化するためには、クライアントの頭のなかにある思考や嗜好、経験や記憶を探る作業が必要になりますが・・・それはある意味、ディカプリオ的!?と思った次第。

その観点からいえば、クライアントと打ち合わせをする際のはたらく石さんの頭のなかは、時に天井がぐるぐる回ったり、時に街が爆破されたり、時に橋やブロンド美女が出現したりするのでしょうか?それ以外にも時にゾンビが出現したり・・・時にヘルレーザーが出現したり・・・時にバンパイヤが出現・・・←えっ!これは違う?
はたらく石2010/08/04 12:16 PM
意匠様
ありがとう・・・
ご褒美が備わるように腹を据えてかかります!!
今が変化の時なのを本能で感じました。
あなたの方法を見つければ良い・・・そうなのだと心に沁みたのです。
はたらく石2010/08/04 12:27 PM
fujitaさま
クレイアントの思考の中に入り、自分の思考に持ち込んで
具現化しているのかもしれないです。
相手に入るだけでも此方も大きく影響を受けてしまう。。。

相手だけを操作してしまおうと思っていても、無理な事。
やっただけの事は帰ってくる。
それに気づいてる監督の思惑を感じるのです。

私の頭の中で、ゾンビやバンパイアが現われている状態は
リラックス状態にあるのでしょう・・・変人
そぅ〜至福の時。




 cookie
トラックバック

http://ishimura.jugem.jp/trackback/134

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop