› 
fol blog

2018/08 << August 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

20Sunday 2010.06

感謝の章。

父の日にちなんで・・・ 「父の祈りを」  

 
・・・この表紙。レンタルしようという気になれないのでは・・・
そんな心配をしてしまうほど 皆に見ていただきたい映画なのだ!!

 IRAの抗争が激化した北アイルランドとロンドンで“ギルフォード・フォー事件”と呼ばれた衝撃の実話に基づくフィクション。1974年この事件の犯人として、いわれなき罪に問われた息子と息子を助けようと同じく冤罪で投獄されてしまう父。
獄中での気の遠くなるような歳月の中で、息子は、静かなる闘いに魂を投じる父の姿をはじめて正視する。

冤罪の映画では 「ショーシャンクの空に」 と違って知名度が低いのが残念でたまらない!

父の名はジュゼッペ
権力のない決して強くもない彼は、ただただ身をもって息子を守ろうと獄中の中生きてゆく
いつしか遠い彼の墓に参りたいとさえ思う・・・

子は親を 親の愛を煙たく思う時期があるものだ。それは大人になる通過点のようなものだが
獄中の最中であれ そんな普通の親と子の感情をも大切に描いているのが、また たまらないのだ

きっと私の父も ジュゼッペ のように、体を張って守ってくれるだろう。
いや 実際は分からないが・・・変人だし
ただ、私がこの映画を見ていて ジュゼッペと我が父が重なり合う瞬間があることこそが
彼を信じ 感謝の念を抱いている証。 

このブログを父が見れば、感謝が伝わるのに・・・彼はブログの存在を知らない〜
この感謝の章を見たとしても 
補って余りあるほど これまで父の奇行ぶりで笑いをとってしまった・・・
〜怒るから 黙っていよう〜


ページ上部へ

コメント

fujita2010/06/24 12:45 PM
私は男三兄弟の真ん中です。

よって、父とは男と男の関係なのですが「親父、まぁ、1杯」そんな杯を酌み交わすことは致しません。父以外、子供たちは下戸なのです。齢40を超えた私たちは、自分に子供もいるので父親に子供扱いされるとついつい、反発しがちです。

ただ、親にとってはいくら年齢を重ねても子供は子供なのでしょう。ある日、「おい、おまえはこんな映画が好きだろう!」と数十枚の映画チラシを手渡されました。父も映画好きで、映画遠征と称して東京や大阪に行きます。そのチラシは、松山で上映していないサバイバル・オブ・ザ・デッド、ゾンビランド、ゾンビ3D、ゾンビー・・・・etc。

東京や大阪の映画館でいそいそとゾンビ映画のチラシを集める姿を想像すると「父さぁぁぁぁん!!!(涙&笑)」複雑な心境になります。

さて、私も子供(娘)との関係を見直すために小津安二郎作品から始まり、ウェイン・ワンの千年の祈り、ショーペンのアイ・アム・サム、アーノルド・シュワルツェネッガー のコマンドー等を観なおそうと思います。
はたらく石2010/06/24 2:23 PM
fujitaさま
父さぁぁぁぁん!!!の気持ちはよーく分かります。
想像するだけで、涙がこぼれそうです。
「父の祈りを」 は前編そういった風なので涙がこぼれるのです。
息子が喜ぶだろうと集めたパンフ。
口には出せないけれど・・・嬉しくも何故か切なく。

ただ、コマンドーには笑いました!





 cookie
トラックバック

http://ishimura.jugem.jp/trackback/115

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop