› 
BLOG はたらくわ

2017/11 << November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

01Thursday 2017.06

四葉のクローバー

行方不明だった母の日のプレゼント

「お母さん幸せが来るよ(半笑)」と

国語辞典から取り出す高1男子


「そんなに沢山はいらんけん( ̄ー ̄)」と私

 

「そう言わずに全部あげる幸せ一杯くるけん(半笑)」

 

「一個でええよ後は君にあげる( ̄ー ̄)」
 

「…ボクもいらん(半笑)」
 

本音で語り合う親子。
 


娘のプレゼントはいつもまとも☆

子育ては演技も大事だと聞くが

演技などできないのでしない

だって夢見がちな現実派ですもの。

それより高1男子のクローバー探し…大丈夫か

建築家でありながら←価値つける

毎朝、高1男子と中2女子の御弁当を作る。

弁当が茶色と絶賛クレーム中

全く気にしない

 

でも茶色だから写真投稿できない…

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

ページ上部へ

04Friday 2016.03

春が来た。

帰宅するとミモザのリースが届いておった。

『……ご縁に感謝します。』と綴られたお手紙と
綺麗に編み上げられたリースは
建築を控えた施主様の
お母様からのプレゼント。

なんて素敵な気持ちをいただいたものだろうと
我が家にやって来た春に顔がほころぶ。

そして、新たな春。
あの日から一年が過ぎ
新たなイソギンを迎えた

辛いことは誰にも言わない
イソギンに聞いてもらっていた……テレパシーで
だからきっと死んでしまったんだと
自分を責めたあの日。

(↑陳腐な歌詞のよう…)

もうイソギンに愚痴りなどしない
ただ眺めていたいの

ワタシの思いに火をつけたのは
【コーラルhouse】に遊びに行って
進化した水槽を見たから。
ウチとのレベルの差は歴然(=_=)

凄まじい
巨大であり神秘的

萌える悶える!






 

ページ上部へ

最近の一目惚れ

岐阜で製作をされている
qualia-glassworks
ガラスのオブジェ。

好きなモノへの臭覚は人一倍。
とはいえ私がアンテナを張り巡らせて
お取り寄せなんてしてるハズもなく
購入は素敵なセレクトで私を魅了する【cosya】コーシャ にて

繊細さに惚れたわ

スモーキーな透明ガラス
これまで見たことのない〜小さな口のフォルム。

次はコレが欲しい・・・

ブルーも!


今日は、お客様よりお野菜のプレゼント。

まるでお野菜の花束のようで嬉しくて♡

東京からの打ち合わせに通ってくださるお客様に頂いた
オーガニックドレッシングとSALTで
バリバリいただくわ!

 

ページ上部へ

去年から始まった町(村)おこし
平井町の三熊野神社を囲む地域で行われる
【三熊野神社・春祭り】第二回!
(ただ、町内だけで楽しんでいる感は否めなくもない…)

忙しいのに…めんどくさ…とか言いながら
仲良しの隣人と共に早朝から完璧なメイクに
付けまつ毛までつけて〜髪を結う。

満面の笑みで神輿を担ぐ姿にもう迷いなどナイ
遊びは全力で取り組まねばならない!!

神社はとても神秘的な小山の奥に…

参道の両脇には地元住民お手製の案山子。
多くの観光客を望んで
第一回【かかし祭り】も同時開催。

↓ワタシの爆笑をかっさらった案山子

シュールさ漂う佇まい。表情もたまらん。
何度も見ては一人爆笑を繰り返す〜なんか幸せ。

子供たちの獅子舞まで披露。

新聞記者の目前をチョロチョロとアピールした甲斐あって
新聞に掲載された息子(手前)と友人。

地元とは違う中学校に行った彼が
地元の友達と交流し続けていられるのは
友の優しさと、こうした地域の行事のおかげであろうと思う。
めんどくさ…などと言ってはいけない。
でもきっと来年も言う…そして全力で遊ぶ…



 

ページ上部へ

21Tuesday 2015.04

木々のアーチ

あれを植えたい〜これを植えたい
言い続けて、はや10年。

石畳のアプローチが木々のアーチになりそう〜

これは剪定や消毒や植え込みを
足しげく通い行ってくれたお庭屋さんのおかげ
ワタシは落ち葉の一つも拾わず…

ただ、お花を生ける。。。

今年植えたばかりのライラックに花が咲く
しかもこれはたまらん良い香りで
香りフェチの私は、何度も香りを楽しむ為この場に佇む。

玄関に生けた、なんとなく野性味帯びた素朴な小花
いつの間にやら庭に存在し咲いていた。
それはお庭屋さんの計らい…

木々のアーチを見て思いだす
リンゴ並木に感動する『赤毛のアン』が大好きだった

何かに触れて感動しその思いを素直に表現することは素敵だと彼女は教えてくれた
幼い私は今にも増して感動屋だった

そして、馬車を乗りこなしたいと思っていた…(;一_一)





 

ページ上部へ

17Friday 2015.04

テンション。

テンションが大事。
なにするにもそう。
やらなければならい事はテンションを上げてから行う。

誰かにテンションを上げてもらえることなどナイと思ってかかる。
(実際にはあるんだけれど…甘えてはいけない(ー_ー)!!)
だから自分で上げてゆく。
 
先日より図面でギュウギュウ
テンション上げる為ソファーに腰掛け良い環境を整える
春の木漏れ日
春風に揺れる木々の新芽
植えたばかりのライラックにピンクの花が咲いた
小鳥たちのさえずり
……ラジオからのノイズ

古すぎで折れたアンテナ
僅かに残ったアンテナに差していた針金(アンテナの補助)が
紛失しているではないか

針金探すも見つからない…
ノイズに苛立ちが増す
仕事が手につかない、
な、なにか細長い金属を…
そうだ!!

ほーとー聞こえる。

完璧。







 

ページ上部へ

03Friday 2015.04

壁ドン。

何が好き?と聞かれたら“お肉”と答え生きてきた
友人曰く『智ちゃん。壁ドン!出来るわ。』
肉食だけに…女子なのに…背が届かんし…

拍車をかけるようだが
どうもオイルも好きらしい

友人からの贈り物・・・

たまらん美味しいオリーブオイル。
野菜にソルト&ペッパーをザクザク振って
オーブンで焼いたらオリーブたっぷりとかけて食べてみようかと

イカした瓶にコルク栓なので、ワイン抜きおじさん登場。

おじさんを装着して
アタマをクルクル回すだけ
↓おじさん頑張った感じ。

オイルをたっぷりかけて
最近お気に入りの西洋からし(by:IKEA)を
ピリリと効かせて食すれば、ほーとー美味。

何を食べるかってとても大切で
食事を大事に思っている。

でも、それよりもっと大切に感じているのは
誰と食べるか…だと気づいたこの頃。

大切な人たちと美味しいものをいただくひととき
もっともっと大事に味わいたいと思いながら
ひとりオイル野菜をむさぼり完食。。。












 

ページ上部へ

13Friday 2015.03

器の整理をしたので器を買いにゆく
買う為の断捨離…結局数は一緒…

 ↑↑↑新規 
素敵なお箸にも出会えた。濃淡のある朱色

【コーラルhouse】の施主さまが
素敵な器やさんに連れて行って下さり

全国から集められた和食器で実際にお茶をいただくと
購買意欲に拍車がかかるのです…

今週は器の出会いに恵まれていて
別のお店にて〜衝動買いにも拍車がかかり…

バレリーナの箸置き

渋可愛い絵付けにシビれた
豆皿ばかり買ってどうしましょう。フフフ








 

ページ上部へ

24Tuesday 2015.02

イソギン。

愛しのイソギンチャクが亡くなった
その名はイソギンちゃん。
『まるでうがい薬のようですね…』と言われて初めて気づく
イソジンとイソギンのささやかな差。

2匹のクマノミを受け止める器を誇るイソギンちゃんだったのに
最後は小さく小さくなってのお別れだった。

昨年。クリスマスプレゼントかのように現れた小さな水槽に
ワタシは夢中になった。
イソギンを眺める日々。
どれほど眺めても飽きない
目が離せない

モフモフのイソギンに戯れるクマノミ。

イソギンに挟まるクマノミ。

イソギンとカメラ目線のクマノミ・・・

ワタシよりもクマノミはイソギンに執着していた
ただ、弱りきったイソギンを突いてより弱らせていたので
愛とは少し違うと感じた・・・

イソギンがいなくなった水槽は寂しい。
クマノミも寂しそう。
彼らの為にも懲りることなく新たなイソギンに手を出そうと思う。

イソギンと最後のショット。
やはりカメラ目線・・・



 

ページ上部へ

31Wednesday 2014.12

おせち。

妹と義弟との“おせち”作りも今年で何年目かしら…
笑いながら〜歌いながら〜ハイになりながら(;一_一)
おせちを作れるのは今年一年も幸せだった証☆

一年の仕事を終えて一日中お料理に向き合う幸せを噛みしめたら
さぁ〜これからお餅つき(ー_ー)!!
頑張れるのか…ワタシ(T_T)

今年一年も駆け抜けました
沢山の幸せな出会いがあり
素晴らしい仕事に恵まれました。

来年はどんな出会いが待っているのか!!
仕事に仲間に家族に友人に皆に支えられて
来年も駆け抜けます(^_-)-☆
皆さま良いお年を!!

 

ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop