› 
fol blog

2018/01 << January 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

26Tuesday 2017.12

【あん】完成です。

出会ってからあっという間。

工事完了お引渡しを迎えた

【あん】

庵主さまが(尼さん)が

訪れる皆さまを癒してゆく場。

 

庵主さまたっての希望で

備え付けた薪ストーブ

火入れ式を行います。

点火し顔がほころぶ皆。

炎をながめると自然と表情が緩むのよ。

畳空間に薪ストーブを設置したのは

初の試みでしたので

試行錯誤しましたが

タイルも畳も違和感なく馴染んでくれましたわ。

 

縁側の木製窓も障子戸も全てが

引き立て合って美しい

建物も景色も

全てが懐かしく調和している。

これが目指した空間づくり。

(↑↓何がそんなに嬉しいんだか…フフフ)

お釈迦様に仕える庵主さまと出会ったのは

今年の春のこと。

親しい友人の訃報を数日前に受けたばかりだった私は

その【あん】の場が持つ役割や意味を知り

「お仕事をお受けします。」と涙した。

 

それは疲れた心を癒す場。

どの地からであろうと

助けを求める人を迎え

話を伺い共に過ごし

心を安らかに導いてあげるに必要な場。

 

彼女の気持ちを理解してあげられなかった…と

悔いてもしようの無い事を悔やんでいた私に

それぞれに見合った役割があると

私の役割は話を聞く者ではなく

その場を造る者だと

庵主様は教えてくれた。

 

きっと導いてくれたんだ

逝ってしまったけれど

彼女はとっても優しいから

ともちゃん。苦しんでいる皆を助けてあげてね。と

自分ではどうしようもなかった感情を

手放したくても手放せなかった感情を

庵主様が、この場が、浄化してくれますように

 

家族の幸せをいつも願っていた彼女が

もう心配しない様に

ご家族と一緒にここに訪れたいな

建築中ずっとそれを思っていた

誘ってみよう

一緒に行って泣けばいい

涙が浄化してくれるから

泣くことは素晴らしい浄化なんだと胸を張って泣けばいい

【あん】はそれを受け止めてくれる場所だから。

庵主さまが

訪れる皆さまを癒してゆく場。

【あん】完成です。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 


ページ上部へ

25Monday 2017.12

木製サッシ。

【あん】工事進んでいます。

庵寿さまが(尼さん)が

訪れる皆さまを癒してゆく場。

南に大きく開けた窓は

木製で建具を作る。

 

やはり木の持つ勢いは凄いな…

空気感をガラリと変えてしまうもの

縁側の天井も板張りを施し

昔からぶら下がっていたライトが

なんの価値も無いように見えていたライトが

こんなにも良い表情で存在している。

 

空間も物事も点で見てはいけない

いつも最初に大枠の完成形が見える

そこに相応しいものだけを

集めてゆくだけ

 

レトロな洗面はしっかり造りこんだ

玄関には筧(かけい)準備中。

竹からチョロチョロ水を流す

玄関も味わを増してきた

玄関ドアも木製で造作。

これから保護オイルを塗ると深みがまして

木目が浮き出てくる。楽しみ。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 


ページ上部へ

15Friday 2017.12

レトロタイル。

庵主さまが(尼さん)が住まい【あん】

クリスマス引き渡しに向け突き進む!

 

お釈迦様の像がやって来るのに

Xmasに竣工しますわ。

わざわざ探たレトロタイル。

あとはキッチンを待つだけ

絶賛工事進行中!

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

インスタグラム

 


ページ上部へ

17Friday 2017.11

夜の打ち合わせ

【あん】工事進んでいます。

庵主さまが(尼さん)が住まい

訪れる皆さまを癒してゆく場。

訪れた皆さまに

ホッとしていただく為の場ですから

懐かしい故郷を想わせる空気感を

醸す事に務めるのです。

懐かしいライト。

壊れている竹ひごは直して使う。

 

階段の手すりの趣はそのままに

自然素材にデザインを持たすと

素材も美しさも朽ちることなく

ずっと楽しめるのだわ。

直ぐ日が暮れるので

真っ暗だわ…寒い。

凛とした空気を感じる

夜の打ち合わせも

おつなモノね。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

【あん】工事始動。

庵主さまが(尼さん)が住まい

訪れる皆さまを癒してゆく場。

いきなり天井を抜く。

昔の梁を表しにして

木を感じながら心地よさを感じてもらう為。

 

縁側のイメージ

アルミサッシ(シングルガラス)を

木製サッシに造作する予定。

どちらにしたって大して寒さは変わらないので

薪ストーブを設置し

暖かさと雰囲気を手に入れる。

 

やはり木の雰囲気には叶わない

以前から憧れている襖紙↓

アンティーク着物のような色使い

愛らしいな…

何度でも訪れたくなるだろうな

 

天井の設えや格子を上手く取り入れたい

大好きな空間を取り出してみては

【あん】にあてはめ空想してみる。

そうね…一番好きなのは

『山荘 無量塔』

何度も訪れたい空間。

いつもそれを目指している。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

08Sunday 2017.10

【あん】薪ストーブ

それは山の中の一軒家。

名前は【あん】

庵主さまが(尼さん)が住まい

訪れる皆さまを癒してゆく場。

↓【あん】からの景色

癒しの場には炎が必須!

で、薪ストーブを選びに

【三秋の森】by共栄木材

負けず劣らずの景色を眺めながら打ち合わせ

事務所と隣接して和モダンな多目的空間<三秋ホール>

このムードに庵主さまとご友人ご満悦

この世を楽しみ生き抜くエネルギーを

いただきながら打ち合わせ

人は人を幸せにするために生まれてきたのだと

人の為に尽力することの喜びが

お二人から溢れてる。

出会ったのだもの

私も目指せる。

前のブログ記事ではセレブを目指し…忙し(-_-)

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 


ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop