› 
BLOG はたらく石

2017/10 << October 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

24Tuesday 2017.10

くるみのビスケット

【菓子工房 ameiro】

外壁の変化

防水シートから〜モルタル塗り

重厚感が増す。

これから2度目のモルタルを塗り

仕上げに深いブラウンカラーを吹付する。

 

玄関ポーチの凹凸や

菓子工房の窓が特徴的なお家になるハズ。

室内は安定したベージュブラウンのインテリア。

2色使いのビスケットみたいなタイルは

菓子工房の壁に貼ろう!

施主様のイメージにピッタリな

優しいナチュラルな色合い

 

本日のおやつ

オートミールが入ると

オーガニックな味わいなのね。

くるみ大好きな私に

幸せなビスケット!

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 


ページ上部へ

【菓子工房 ameiro】

上棟式を開いてくださいました。

御塩でお家をお浄め

祝詞を詠み

乾杯!

そのまま宴会に移行←隣の部屋

とにかく楽しみましょう!と

御主人のあいさつ(お許し)をいただき

ビールで乾杯!宴の始まり。

お家ではありますが

菓子工房を携え

夢を叶えるお家なのです。

皆さまの自己紹介を聞きながら

笑いに満ちた上棟式。

お嬢ちゃまとも沢山遊んで

お料理もお酒も全部飲み乾して

幸せな時間。。。

【菓子工房ameiro】のお菓子登場。

オクサマのご挨拶で

「菓子工房の話がどんどん大きくなっていって…」の言葉。

分かります。。。

 

中途半端では叶わないし

自分で決めて振りきるほどやらなければ何も成さない。

 

ただ道しるべはワクワクする方向で

そちらを向いて進むだけ

心配なこころは正常な証で

証はすがりついて、なかなか離れてくれないけれど

放り投げてワクワクする道をただひたすら歩くだけ

 

ご夫妻の道とワタシの道が交わって

このお家が出来るのです。

互いにそうして歩いて行けば

また何度も道が交わりますね。

 

私もワクワクを辿ってゆこうと噛みしめた上棟式でした。

お土産の焼き菓子とっても美味しかった❤

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 


ページ上部へ

家の名は【菓子工房 ameiro】

これから始動する菓子工房の名でもある。

なので毎回プロ級の

おやつが振舞われるという幸せがついてくる。

今日のそれは、最高のお味は勿論

食感命のワタシを唸らせるパンナコッタだった。

 

現場は進化している

写真では変化を感じないくらいでも

最近リノベーション現場もあるので

比べると現場の歩みがゆるりと感じられる

それはそうだ、何十年の建築との比較は野暮である

ただ、新築時が綺麗なのは当たり前

それからの経年変化を楽しめる

何年経っても愛おしい建物であることが私の使命。

多くの方が一生かけて払い続けるお金を

気持ちよく払える建物である事が私の務め。

 

リノベーションも新築も同じね。

 

菓子工房の窓は

造作の木製サッシ

愛らしいデザインを施して

昔懐かしい建具を造る

こんな雰囲気 by【チカミハウス】

格子のデザインは◇でもいいね

by【青嵐の家】

構想も楽しいが

たぶん一瞬で決まる(ー_ー)!!

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 

 


ページ上部へ

13Wednesday 2017.09

現場でアイス。

“菓子工房の家”

初めての現場打ち合わせは

アイスで始まる。

ほとんどアイスを食べないワタシが

美味し♥と頂けるアイス。

パンパンな笑顔でペロリと食べる。

業者陣は美味がゆえ、おかわりする。

 

今日は軒裏の板張りのカラーを決める為に

なんとなく外壁の候補を上げようかと思っていたら

即決してしまう決断力の高い施主様。

外壁はブラウン系で決定。

素敵なお家になるわ✩

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 


ページ上部へ

08Friday 2017.09

上棟。

大工さんに写真を頼むと

きわきわのを撮ってくる

これが職人魂…いえ違う

下から見てたらワカラナイ大工の日常。

思えば運動神経良い人ばかり

きっと体幹が通ってる…

太っている人なんていないもんな…

と写真の着眼点がずれてる設計士のつぶやき(=_=)

祝✩上棟

“菓子工房の家”

なんて素敵なバランス。

大きなバルコニーがお家を引き立てる予定よ。

 

即刻す巻き(ー_ー)!!

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 


ページ上部へ

06Wednesday 2017.09

北欧家具

もうすぐ上棟の“菓子工房の家”

ヴィンテージの北欧家具にライト達が届く

これまでの打ち合わせの中で浮かんできたのは

北欧テイストが落ち着く空間という事。

このお家を象徴する存在になりそうな飴色のライト達は

ご夫婦の雰囲気ピッタリとビビビ!ときたので即購入。

 

ライトの明るさを感じてみようと

簡易に取り付けてみる

可愛らしくもムードある雰囲気

上質感を醸してくれて満足だわ。

 

お手持ちの藍染めのタペストリーも北欧感が感じられ

様々ミックスしながら

お家の黄金比を見つけてゆくわ。

今日のおやつはフランボワーズのシャーベット。

食感が面白くてソフトでありながら

サクサクする…たまらん。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 


ページ上部へ

19Wednesday 2017.07

流行のキッチン。

着工を控えた【菓子工房の家】(仮名)の施主様と

トーヨーキッチンin高松

先日訪れたばかりのワタシ…まるで出勤しているかのよう

ちかごろ流行っている扉材。

新作扉『フィールウッド』

これまで木目調を避けて来たけれど
この質感ならば申し分なく
インテリアとしての期待も高まるばかり
なのにお値段お手頃←コレ大事。
2色展開
これから着工のお客様4件のうち
票が二分されていて引き分け状態
【來住オフィス】ではこのホワイトを採用予定
【平井の我が家】は造作なので変化をつける作戦
▼こちらは造作。
造作かトーヨーキッチンかのどちらかで決めるものの
最近はコチラに軍配が上がっている
ブームはコロコロと変化するけれど
兎にも角にも床から浮いたキッチンが好きなのよ。
このお家はこの渋色扉に決定。
幾つかの展示会を見て頂いて
これまで気づかなかった自分の好みを再発見した施主様に相応しい逸品。
これからお二人に似合う空間を模索する

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

ページ上部へ

13Thursday 2017.07

地鎮祭とゼリー

菓子工房を備えたお家の地鎮祭。

祭典の後には打ち合わせが控えて

お手製おやつを期待しつつの地鎮祭。

今年入って2度立て続けに行った展示会にお越しいただき

HPやブログを熟読してくれて

設計をご依頼いただいたご夫妻。

会うたびに素敵な笑顔のお二人に

こちらも自然と微笑んでしまうような

とても良い状態で図面を構想させてもらいました。

夢を携えたお家を造るということ

ただただ一生懸命な気持ちは膨大なエネルギーを生み

ワタシ達はそのエネルギーをクリエイティブな力に変換して

素敵な建物に具現化しているのだと思うのです

ですから打ち合わせが楽しいのは当たり前だわ。

楽しい日々のはじまりですわ✩

おやつは冷たいグレープフルーツゼリー

丸々一個ください!…と言いたかった

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 


ページ上部へ

14Wednesday 2017.06

かけがえのないもの

もうすぐ着工を控えたお家。

お子様が小さいこともあって

ご自宅へ打ち合わせに訪れたところ

素敵なおもてなしをいただく。

叶える想いを携えて

オクサマはお菓子を勉強中。

 

原材料まで表記したお品書きに

テンションが上がる。

ただこれまで魅力を感じた事のない

オレンジペーストの文字に一瞬身構える。

 

カカオにも合うって言うけれど

カカオを愛する私にとっては

それがたって邪魔する感が否めない

 

過去、湯布院で出会った

オレンジとチョコとのハーモニーは感動したけども

そのただの一度だけだった

 

 

味わう…ぉおいしい

黄金比は素晴らしいものだった。

 

オレンジペーストが無くても成立するだろうが

その風味がある事が

かけがえのないものになっているお菓子に初めて出会った

 

舌には自信がある

添加物を判別できるデリケートな胃袋も

歯ごたえ食感をも譲らない面倒も

幼少期から母の手づくりお菓子やパンに文句をつけ

随分と怒られたが全くめげずに言い続けるしぶとさもある

 

美味しい。

お子様にもどうぞ。といただいた手土産は

全部ワタシがいただいた。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop