› 
BLOG はたらく石

2017/04 << April 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

お引渡しから

そろそろ半年というところ

【house◇アーガイル】

花壇のお花が咲いたよ!とラインいただき

いそいそ訪れる。

半年前は

外壁の深色と

渋い石積みの花壇だけだった

 

ここへ来て色で覆われ愛らしさを感じ

こうやって住み手らしくなって来るものなんだと

嬉しくなってくる。

奥の【本の家】も相変わらず美しい

まさかのお隣同士に並んだ建築で

一度に2件眺められる特別な場所✩

 

玄関ポーチ周りは

オオデマリが床石にかかり

立体感を出してくれている。

植物の威力はただごとではないと

手入れはしないがワタシは知っている(=_=)

 

以前ワタシの体調が思わしくなかった頃

観葉植物が出すハズのない樹液を出しだした…

私が発する負のオーラから

身を守っていたのか

あるいは空間を浄化させようと

緑力を尽くしてくれていたのか

…現象が様々起こり続ける

 

困った私はお庭屋さんに一旦引き取ってもらう事にした。

しかし引き取りにきた彼女が緑の移動中に具合が悪くなるという…

 

すまないね。

良し悪しどちらの時も

周りへの影響が半端ない

 

緑たちは

マイナスエネルギーをその体に引き受けて

浄化してくれたんだと思うの

自らの体を使って…

なんて優しい子…byナウシカ

アーガイルに触発されて

我が家にも庭のオオデマリと

ライラックを生けてみた。

 

心が穏やかになる。

ワタシの“イエローキラキラ”オーラが輝くわ

↑ある方にそう言われて

ちゃっかり信じてる(=_=)

 

【house◇アーガイル】

南のウッドデッキ

なにかノスタルジーを醸す外観にドキリとした✩

隣の【本の家】盗撮。

相変わらずカッコいい。

我が家の緑は未だ入院中
でも回復は早くすこぶる元気らしい
そろそろ戻ってもらおかね(@_@。

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

ページ上部へ

15Wednesday 2017.02

お茶会。

【house◇アーガイル】

お引き渡しから数か月

お茶会にお呼ばれしましたの。

お隣に住む【本の家】のオクサマと一緒に。

一緒に選んだ丸テーブルに

おもてなしの数々が並んでいて

住みこなされている様子がとても素敵☆

造作食器棚から

好みのカップを選ばせてもらって

コーヒーをいただきます。

あの日

ハンドメイドの輸入ガラスをチョイスして

本当によかったわ

ほら、ずっと大事に集めてきた器たちが

流れる気泡のガラスに

色とりどりに映えて美しい

こんな風に食器棚から

お客様に器を選んでいただけるなんて

配置と美しい造作家具の成せる業!(自画自賛)

 

いいえ…素敵な器を綺麗に配置してる施主様のセンス☆

造作家具のカウンターには

アメリカ製の渋色の人造大理石を使っていて

ここもまた食器が映えるのね

カウンター奥のヘリンボーン貼りのタイルも

床の6角形のタイルも一緒に選んでおきながら

うっとり見とれてしまう。

どこを見ても建築中の日々が蘇る

あぁ〜いつも楽しかったのよ

何度も何度も重ねた打ち合わせの日々から

生まれたお家。

アーガイルのモチーフを皆で眺めた日々

 

おちゃめなお父様…

密かにこの柄を気に入って下さってたのね

密かにセーターを入手し

皆の爆笑を引き出した…やり手(ー_ー)!!

 

 

 


ページ上部へ

【Argyle◇house】アーガイル

お引渡しはつづく……

 

モデル気質に溢れているお嬢ちゃま

お部屋はラベンダーカラーで

コーディネイトされて

彼女はワタシにレースの美しさや

装飾されたクリスタルビーズを

どれほども気に入っていることを伝えてくれた。

とても素敵なレディなるね✩✩✩

お嬢ちゃま。

オクサマ。

お母様。 

皆様から頂いたお手紙を

じーんとしながら読む。

 

この“じーん”という気持ちを

自身の事で味わえるとは

何ものにも代えがたい幸せだと

頷きつつ、泣きながら読む。

笑い合いながら仕事をする事の大切さを

また新ためて教えてもらいました。

 

ヨガの先生でもあるお母様が

大切に思っている事にも感銘を受け

〇笑顔(免疫力UP)

〇リラックス

(気持ちを解放出来る場所を見つける)

〇自分の呼吸をする(体幹を高める)

〇謙虚である(思いやり)

自分の呼吸をすることが

最終目的だと感じましたわ

 

リラックスし

笑顔で

思いやりを持って

自分の呼吸をしながら

人とふれ合う。

どれが欠けても成り立たず

横柄に自分の呼吸をすれば何にも至らず

忙しい人ほど崩れやすいものと

心に留めておきますわ

お家を造る総監督ですもの。

 

いつも笑顔を引き出してくれたご夫妻。

暖かくてカジュアルな可愛らしいお家

【Argyle◇house】は

お二人のイメージで造り上げられました。

さぁこれから着工!という時に

携帯が大破した私は

繋がっていたLINEから音沙汰もなく退き

いきなりのそれに

オクサマは寂しくてショックで聞くに聞けず…

こちらは画面粉々でデーターを移す事も叶わず…

と、出だしからドキドキしましたね

 

大切にしていた小鳥が亡くなり

泣きながらお庭に埋めたら

外構工事で危うく掘り起こされるところでしたし(=_=)

 

ハプニングは家づくりの思い出を

より深めてくれるというもの。。。

 

これまでのお家を例に挙げて様々説明していると

どのお家も完璧に把握していたご主人。

ブログも読破してくれてました

外壁決める際には

出来うる限りこれまでのお家をまわられましたね。

OBの皆さま〜いつも巡回しておりますわ!

 

少年が大工棟梁に送ったお手紙

彼の大工になる!夢が

棟梁によって深まった事でしょう。

 

夢を繋ぐ

【Argyle◇house】アーガイルhouse

完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

引き渡しの日。。。

【Argyle◇house】アーガイル

『離れたくない〜』と嬉しい言葉をかけて下さる

すでに涙目の施主様のお母様。

 

途中、どちらが施主か分からなくなるほど

熱心に且つ斬新なセンスで家づくりに関わって下さった。

つい…業者たちがお母様に確認を取るほどに(=_=)

お父様はいつもワタシがお世話になっている

建築のとある業務を担う機関にお勤めで

出会いの時は一瞬緊張したものの

すぐにお茶目な面が見え隠れして

この素敵なご夫妻に出会えた事も嬉しいことだった♡

 

さて、”おこた”生活から

ソファ―生活を決意した施主様

TV高さを決めるも

結局、地べたに座り『ソファーは背もたれよね!』

との結論に達する。

仲良く地べた。

落ち着く。。。

 

“おこた”が無いもの寂しいもので

和室に置いたら良いよ。の声掛けに

イインデスか?!と

嬉しそうな笑顔が返ってきた。フフフ

おこたは心も温かくしてくれるものね。

 

ダイニングテーブルも

円にした事で

ふれあい感が溢れてる

この距離いいな

つづく……

 

 

 

 


ページ上部へ

03Saturday 2016.12

アーガイル◇撮影

【アーガイル◇house】

国貞カメラマンとマリア様と撮影。

見れば見るほど

可愛らしい【アーガイル◇house】に

オクサマとテンションあがり

キャッキャしている様子。。。

これまでも時折カメラを向けてくれる事があったけど

今日は施主様と一緒。

二人とも嬉しくて

分厚いコートを脱ぐ始末。

気分はモデルのおすましショット↓笑える

お家は素敵だし

写真は撮ってもらえたし

私たちラッキー!と浮かれる大人。

ふんわり

優しい光

 

もうすぐお引渡し…(*_*;

 

 

 

 


ページ上部へ

29Tuesday 2016.11

モデル。

お嬢ちゃまがモデル。

【アーガイル◇house】

ひし形でデザインした造作ドア。

大好きなハンドメイドの輸入ガラスも素敵。

ポーズはお任せ

彼女の気の向くままに

時には激しく

それでいて落ち着きを放つ

なんとも愛らしい。

穴に落ちないでね…

緑が植わる。

 

 

 


ページ上部へ

23Wednesday 2016.11

ひし形ドアと石積み。

造作のドアたちが設置された

【Argyle◇house】アーガイル

アーガイルにちなんだ◇のリビングのドア。

設置完了して後は輸入のガラスを待つのみ

 

玄関入ったら

見える景色

タイルがちらりと見えて

愛らしい。

 

ナチュラルな木肌の格子たち。

深色とナチュラルカラーが混在して

【Argyle◇house】テイストと成す。

お外では石積みで花壇づくり

山盛りの石に気が遠くなる…

が、あっさり完成

外壁に映える緑が目に浮かぶ…フフフ

 

 

 

 


ページ上部へ

15Tuesday 2016.11

ポーチの石貼り。

キッチンの取付が始まる

【Argyle◇house】アーガイル

完成したら〜キッチンの扉は真っ白で

そのためタイルの色柄がより浮き立つ計算。

作業途中の為その片鱗すら見えないが…

食器棚は造作家具なので

それらもまた楽しみで。

 

玄関では石貼りの床が完成した

外壁や軒裏とよく相まって美しい。

石貼りを施して
グリーンのアイアンフェンスが
しっくり馴染んだことも嬉しくて
緑を植えたら、またどんなにか映える事だろう。
これから花壇の石積みが始まる。

ページ上部へ

09Wednesday 2016.11

幾何学模様のタイル。

タイル工事に突入

【Argyle◇house】アーガイル。

ふんわりオフホワイトの空間に

パステルカラーの幾何学模様。

 

目地入れの前

タイルとタイルの間のラインがくっきりわかるが、

そこにホワイトの目地を入れると…

タイルの形状のラインが消えて

淡いカラーの模様が浮き立つ。

タイル屋さんと目地色をグレーかホワイトか

検討した甲斐があったというもの。

床は木目柄のヘキサゴン。

オーク材のフローリングと馴染みつつ
素材感を楽しめるようにと選出。
模様のタイルは
海外旅行の際に買い求めたものだそう
可愛らしいので造作扉にはめ込みましょう。
グレーのタイルは洗面に使う。
強めのモスグリーンで蘇ったアイアンパーテーション
濃い色の外壁と引き合ってくれた。
お庭の打ち合わせをもって
【Argyle◇house】最後の打ち合わせ。
これまで多くの決め事を話して来たけれど
終ってしまうとあっという間の日々。
お疲れ様でした!のセリフも少し寂しいけれど
まだまだ夢の途中【Argyle◇house】

ページ上部へ

カーテンが決まりつつある〜

【Argyle◇house】アーガイル。

小窓には少しのインパクトを加えて

シンプルな空間にエッセンスを

 

選ばれたライトは北欧のデザイン

優しい可愛らしい

【Argyle◇house】を引き立てるものばかり

 

今日も施主様のお母様お手製のおやつを頂く

バケツ一杯でも食べれそうな美味しいプリン。

 

見上げるほどに美しい軒裏と

立体感のある外観。

これから外構工事が始まる。

石垣花壇を計画していて

お家が引き立つお庭になりそう。。。

 

 

 

 


ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop