› 
BLOG はたらく石

2017/08 << August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Xmasの日。

【CELADON¨HOUSE】

お引渡しを迎えました。

 

思わぬ花束に

顔がほころぶ棟梁。

うやうやしく

花束を受け取る彼。

棟梁として貫いた彼の頑張りを讃えてくれて

本当にありがとうございます。

 

初めての出会いの時。

お二人の掛け合いや

ご主人の言葉のチョイスが聡明でいて

ユーモアに溢れており

私はお二人から目が離せなかったのです!

ファーストプランを

大そう気に入って下さり

少々の微調整を加え着工。

勢いよく工事の進む最中お子様の誕生を迎え

幾度となくご主人だけでの打ち合わせも

頑張ってくださいました。

オクサマもすぐに

打ち合わせ復帰くださいましたよね

大変でしたでしょうが

業者皆を笑顔にしてくださる

オクサマの姿勢がとても素敵でした

 

今日は引き渡しと同時に

薪ストーブの火入れ式も行います

Xmasですから

サンタ帽をかぶっての火入れ式

 

薪ストーブにこだわったのは

オクサマだからという理由で

レクチャーは彼女が受けます。

 

サンタながら

真剣にメモを取る

扉を閉める・・・とかまで書き込んで

皆を笑わせたりしながら フフフ

初✩火入れ

点火!

念願の薪ストーブにハンモック

お庭には

ご主人のバイクガレージを建築しました。

 

お二人の趣味と夢が

備えられた【CELADON¨HOUSE】

遠方から打ち合わせに通っていただいていた事もあり

時間も限られていましたから

もっと色んなお話がしたかったな〜と

少し後ろ髪をひかれながらこの日を迎えました

 

いつも笑顔のオクサマに

知的でいてあったかいご主人に

いつもお会いするのが楽しみでした!!

【CELADON¨HOUSE】完成です。

 

 

 


ページ上部へ

23Friday 2016.12

写真撮影。

【CELADON¨HOUSE】セラドン

Xmasイブを目がけた工事は無事完了し

写真撮影!

またも、

マリア様を背負ったカメラマン。

裏切らないマリア様チョイス。

 

セラドンは間取りが斬新でいて大らか。

間接照明の使い方が絶妙過ぎて

CGに見えるのはワタシだけなのか…

いいんだかどうなんだか…

勾配天井は

リビングからダイニングにかけて登る。

 

シンプルな中に淡く可愛らしいカラーを取り混ぜるのが

セラドンのインテリア。

三色のカーテンをデザインしてみたわ。

キッチンからの眺め

セラドンはキッチン床も

オークのフローリング。

LDKの床の流れがシンプルでいて

間取りの面白さを引き立ててくれる。

 

廊下に光るガラスが綺麗

ランドリースペースも

楽しんで家事が出来るように

可愛く演出

洗面もシンプルなセラドンカラー

いよいよ

明日、お引渡し(*_*)

 

 

 


ページ上部へ

20Tuesday 2016.12

薪ストーブ設置。

Xmasイブの引き渡しに目がけて

頑張る現場!

【CELADON¨HOUSE】セラドン

 

薪ストーブの設置も始まる。

グレーのクロスに

ナチュラルカラーの木色が映える空間。

 

リビングからダイニングにかけての

勾配天井が粋な空間を醸していて

大胆かつ気持ちイイ!

 

お外では

フェンスの工事中

写真は木製フェンス前の支柱

広いお庭に少々の目隠しをする。

 

玄関ポーチには木製格子

あまりに巨大さに

おののいた施主さまだが

お家とのバランスを思うととっても素敵✩

ここに木を植える。

樹木役のご主人。フフフ

いよいよ完成の

【CELADON¨HOUSE】セラドン

次は写真撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

09Friday 2016.12

アメリカン✩garage

お庭の工事開始。

【CELADON¨HOUSE】セラドン

密かに

右隅に

【アメリカン✩garage】

男の隠れ家を外から眺めるオクサマ。

 

無骨なフレームが

男らしい

【CELADON¨HOUSE】との

相性が良いようにと

お家周りはブラックの煉瓦を多用する。

最後まで様々な材料の

質感、素材感に妥協はしない。

調和とは違和感を感じさせない事。

 

コの字のお家なので

中央にウッドデッキ

このデッキは圧巻の大きさを誇る!

 

 

 

 

 


ページ上部へ

02Friday 2016.12

ポヨン。

打ち合わせほぼ終了の

【CELADON¨HOUSE】セラドン

なので久々にのんびりした打ち合わせ

某コンビニのコーヒーの紙コップに描かれた

うさぎのポヨンとした表情がたまらないと、熱く語り

 

脳に栄養がいるからね(ー_ー)!!

のセリフとセットで

施主様の差し入れにパクつく

おやつを頂きながら

考えを突き詰めて行くのが好き。

 

『脳は心を表現するための道具』だと

どこかの天才が語っており

その言葉に貫かれたのは私の心。

と同時に多くの思いの答え合わせも出来た訳。

 

心が全てで、その思いは脳で思考し具現化する。

大それたことではない

皆、無意識にそうしている

ただその式に気づけば客観性が出て人生は面白い。

 

ね、ウサちゃん。

カッコイイより

ポヨンが好み。

外構の工事が進む

ガレージ工事も始まった。

次はガレージが建ってるだろうて。

 

 


ページ上部へ

21Monday 2016.11

ハンモック。

勢いを増して工事が進む

【CELADON¨HOUSE】セラドン

オクサマの憧れ✩ハンモック

ここで本を読みながら過ごす…予定。

なにぶん乳飲み子を抱える身。

のんびり〜とはいかないまでも

ここ、子供室は当面オクサマの癒し空間。

室内でクロスや塗装やタイル工事が始まり

お外では外構工事が並行して行われる

 

大きく変化に進化を遂げる

【CELADON¨HOUSE】と共に

この激動の一年の締めくくりを

過ごしてゆきますわ。

見上げるお二人を見て

好きな歌のフレーズが浮かんだ

 

〜見上げれば終わりを見た事のない

   目眩いを覚えるような青〜

 

 

 

 

 


ページ上部へ

【CELADON¨HOUSE】セラドン¨

それは淡い青磁色。

島のリゾート空間の色合いがイメージ

決め事がサクサク決まり過ぎて

もうカーテン決めだという頃に

辿り着いたネーミング。

赤みを帯びたグレーのソファーに

レモン色がきれい。

飛んでゆきたい…ここへ

シャンパングラスを傾ける

大胆に肩の空いたワンピースに女優帽のワタシ。

いつかそんな日が来るだろう…フフフ

果てしない妄想から実現へと移行してゆくのが人生。

↓移行中…

お家の隣にはアメリカンガレージ

どう馴染ませようかしら…目下の課題。

 

 

 


ページ上部へ

27Thursday 2016.10

上棟式。

年内竣工を目指し

着々と工事の進むお家

本日上棟式を開いてくださいました。

棟梁の緊張を味わいつつ

お家のお浄めや祝詞が捧げられます。

 

着工後出産を迎えられ

本日久々に奥様にお会いして

赤ちゃんとは初対面のワタシ。

写り慣れているもので照れなどなく

一人カメラ目線。

 

久々にお会い出来たオクサマと

打ち合わせする事がたっぷりありましたが

サクサクと決断してくださるので

随分とスムーズに事が進み

お家の雰囲気もすでに定まりつつあるのです。

ただ青磁色ばかり選ぶことに少々の不安を抱きつつ

このままでは【青磁の家】になるかもよ(渋)

宴の始まりは

巧みな言葉のチョイスが個性的なご主人の御挨拶。

お家が明るい!と皆で喜んでいれば

幾人かの頭上を見つめ

『今日は反射率が高いから』とシュールな発言。

 

初めてお会いした時から

お二人の個性に魅了される

鋭さありオトボケありの

掛け合いに笑いが止まらないわ。

棟梁も笑いを少々習得したようで

楽しい上棟式となりました。

柿の和菓子にも魅了!

 

 

 

 


ページ上部へ

アウトプットをしていないと調子が出ない

いや逆かな…

調子悪くなるとアウトプットが出来なくなるのか

 

いつの頃から気づいていたが

ブログに思いをしたため続けているほうが、

忙しくて深夜になってでも書き連ねているほうが、

心身ともに元気でいられる。フフフ

情報過多の現代

インプットばかりではパンクするのかしらね

 

モノもココロも隙間が大事で

その隙間を良い気が流れると信じている。

素敵なお家は

行き止まりの無い

風が気が流れるお家。

この空間を薪ストーブが温めてくれる

テーブルにペンダントライトの

シュミレーションも完璧で

サクサクと外壁まで決まったわ。

悩まない。

湧き上がる思いや直感が正解だから。

 

ただ、オカシな場合はワタシが止めるのでご安心を(ー_ー)!!

 

 

 


ページ上部へ

22Thursday 2016.09

棟上げへの道のり。

基礎時代を経て

棟上げが始まる。

このお家は

コの字型が自慢の間取りでして

広い庭もあり

男の隠れ場【アメリカンガレージ】も

同時進行で工事するのです!

そう、薪ストーブも入りますわ。

ご主人とオクサマ

それぞれの趣味がこだわりが

満載のお家です

 

手前の二人…

どちらかが棟梁

どっちかワカラン…(ー▿ー)!!

 

 

 


ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop