› 
BLOG はたらくわ

2017/11 << November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

03Thursday 2011.02

絵画の家。

数々の絵画に彩られたお宅。
中でもオーストリッチの絵の独特なムードにうっとり〜する。
私も同じ作家の絵を購入しようかと 悩んだ過去が甦る。
それは、画廊の方の執拗な営業を受けての事で、絵は欲しいが・・・
結局、気持ちがのらず、断念した残念な過去。

あの素敵な絵を愛する方に出会ったのも運命だわ!と 
『このダチョウの絵が似合う空間にしましょう!』という事になった。

和室とダイニングをリノベーションしたいとのご要望であり
『縁なしタタミに、大勢で座れる堀ごたつ。』 が必須で

後は、『雰囲気を変えて欲しい。。。』 とのご要望をいただき
扉や照明やクロスにカーテンを提案させてもらう。

空間のテイストは、絵画や額の色に、施主様の持つ雰囲気を頼りに決めてゆこう!
大人っぽい上質な深みの紫のクロスに、
カーテンはナチュラルなベース地に、銀糸で刺繍された波打つ模様。
私のイメージする施主様の 〜上品でシックな雰囲気〜 とマッチし
迷う事なく提案させていただいた。

お手持ちであった ”ナチュラルなテーブル” と ”新たなカーテン” を
しっくりと馴染ませてくれる役目を担ったのは、
木製のナチュラル素材で作られた 斬新なデザインの ヨーロッパのペンダントライト。

既存の空間とのバランスを計算しつつ、斬新に変化させる。。。
高度な技だが、何より重要だと思う。
狙いすぎて、柄ガラだったり、チグハグだと落ち着かないのだ。

工事期間は4日程であったが、それまでの打合せもおしゃべり三昧〜楽しんだわ!
最終日のお引き渡しには、モダンな旅館のように変身した和室で、
皆で仲良く掘りごたつに座り、奥様がご用意下さったお手製のケーキをご馳走になる。嬉!
こんな風に、これから使われるだろうこの和室。 皆の笑顔が嬉しかった。



ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop