› 
BLOG はたらく石

2017/09 << September 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【ブラスHOUSE】

お庭の緑が見事で写真を撮りまくり

興奮してなかなか家に入れない…

あの引き渡しから日から丁度一年。

今日は一年点検に訪れたはずだったのに…

BBQで宴会。

なんて使い易いウッドデッキなのかしら!

KITCHENからもリビングからもアクセス抜群!

使ってみて納得するわ〜と自画自賛が止まらない(=_=)

業者陣大勢で押しかけてもへこたれない

広さを誇る【ブラスHOUSE】のお庭。

こだわって甲斐があったものねと

改めてオクサマと微笑み合える幸せ。

お素麺を手に施主さまご夫妻と

氷をかくのはオクサマのご友人であり

このお家を手掛けた棟梁のオクサマ。

この方の推薦会っての出会いですの✩

ブログを華やかに彩る為に

クマのかき氷機を持参いただいたそうで

オシャレな彼女は気持ちもオシャレ✩

 

締めはご夫妻の共同作業のパエリアをいただき

見事な緑で溢れている

シックな外壁と淡いベージュの室内を堪能して

一年点検を全うしたのです(ー_ー)!!

 

大切に住まわれていて

とっても心地よくて〜あぁ嬉しい✩

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

15Sunday 2015.11

半袖の火入れ式。

11月だというのに暖かい…
【brass“house】火入れ式。
ご主人 半袖で炎と空気と対話中。

すぐさま燃え上がった炎を
盛大な拍手で歓迎。

この先、一生【brass“house】を暖めて
皆の心をも暖め続けてくれるのね。

そして煙突の煙を確認に外へ飛び出す大人たち。
こんなにウキウキ駆け出す事なんてあるかしら…
駆け出すなんて久しぶり(T_T)

焚き始めは薄く上がった煙も
すぐに見えなくなった。
住宅密集地でも安心して焚ける燃焼効率の良いストーブ
お利口だわ。

おやつの時間には、大人げない大人が
愛らしいぼっちゃんとケーキを取り合っているかのような写真。

さてどうだったかしら…だけどね
ワタシとぼっちゃんはお誕生日が一緒なので
取り合い兼ねないとも思うのよ(T_T)

ケーキに夢中のボク。
焼き芋に夢中の大人。

たっぷりとバターをかけて〜

オトコ達の語らい…
手には焼き芋。

……ぼくはケーキが好き。

薪ストーブは暖かいだけではない
お芋もホクホクで沢山の話題も生み出してくれる
【brass“house】の居心地もホクホクと暖かで
ついつい長居してしまうわけよ。








 

ページ上部へ

とうとうお引渡しです。
【brass“house】
設備のご説明から始まり

お手持ちのTVも壁掛へと進化します

一緒に選んだソファに仲良く座って
TVの高さを決めるのです。

ギリギリになって届いたタオル掛けを
なぜか松田棟梁と乗松社長が(仲良く?)
取付けているのが可笑しくて記念に撮影しておくわ。

逆さまに持った電動ドライバーは
金づち代わりに使っているもよう(T_T)

記念撮影の並び順を決め・・・

一緒になって楽しんだの仲間達。

出逢いからあっという間に進んだ【brass“house】
短時間であっても何度も何度も打ち合わせし図面を間取りを突き詰め
その中に好みのインテリアを組み合わす頃には
迷いなくサクサク進みあっという間に
打ち合わせが終了してしまった感があります。

ただ、突如湧いて出た薪ストーブにはドキドキしましたが
完璧に設置出来てホッとしました〜
11月の火入れ式が今から待ち遠しいのです!

施主さまより・・・
『家が出来るのを待ち遠しく思っていましたが打ち合わせも終わり、
現場の職人さんとの楽しい触れ合いもなくなってしまい、
今となっては寂しい思いでいっぱいです。。。』のお言葉。
分かります。寂しいのはワタシも同じですもの。

沢山、皆で笑いながら造り上げたお家
これからもずっとどうぞよろしくお願いしますね。
【brass“house】完成です。


 

ページ上部へ

21Sunday 2015.06

もうすぐお引渡し。

引き渡しを控えた【brass“house】
写真撮影。

↑このアングルが美しいと
国貞カメラマンが教えてくれた。
私のカメラ&腕では限界があるけれど
それでも素敵。。。

リビングの壁を切り取ったような階段空間が好き。

踊り場には造作家具があり

実は、マンガの収納本棚。

この場所で本を選び
階段に腰掛けて読みふける・・・なんて素敵。

ペンダントライトは
アルヴァアアルトの“カブ”
ぽってりしたフォルムがおくさまのお気に入り

ストーブ下のタイルとカーテンのデザインが相まって
溶け込んだところがとても斬新だと思うの。

玄関ホールも同様に
造作ドアたちの木部が溶け込んでいる

ガラスはハンドメイド輸入ガラス。
やっぱり綺麗☆







 

ページ上部へ

10Wednesday 2015.06

仕上げの現場。

仕上げ工事で賑わう現場。

皆との休憩時間は楽しくて
お腹がよじれるほど笑う

主に赤い人が笑わす。
写真から感じ取れるでしょう(T_T)

今日は玄関の石貼り。
迫力の大判の石を使う。

裏庭では棟梁がウッドデッキにフェンスまで手掛ける。

室内は美装を待つばかり・・・

素敵なカーテンも待ち遠しいわ!!



 

ページ上部へ

31Sunday 2015.05

大事なこと。

【brass“house】外観に見とれる…

外構工事が始まり
完成の暁にはもっと見とれることだろう…フフフ
自分がデザインしておいてなんて幸せな〜

何度も何度も屋根のかけ方を描き直した。
やり出したら自分でも手を焼くほどに、
呆れるほどにしつこく・・・

見とれて幸せを感じた今日。
“呆れるほどしつこい” 結果が出たわけ。

諦められないなら
突き詰めたらいいさ
無理の理由を並べないことが、大事なこと。

洗面のタイルも貼り終わり
惚れ込んだミラーが届いていた。
施主様と順番に持ち合い
似合うかしらと再確認して
2人で嬉しくなる。。。

ほどほどの主張に
大切な抜け感が相まって狙いどおり

何事も抜くことも大事。
のほほん〜が苦手な私の課題。






 

ページ上部へ

20Wednesday 2015.05

タイル工事

気合の入った様子。。。タイル工事
【brass“house】

施主さまの大好きなベージュを基調とし
味わい深いハンドメイドタイルをチョイス。

貼り方は市松で、目地はグレーでいきましょう

↑これは洗面の壁で
↓キッチンの床には大判の木目柄タイルを貼ってゆく

とてもスタイリッシュな逸品は、
この上にのる“brass”カラーのTOYOキッチンの為に選ばれしタイル。

施主様はお庭工事のテラさんと
お庭の木々を決めている最中。

お花屋さんでアルバイトしていた奥様は、緑にとっても詳しくて
レアな木々の名が飛び交う打ち合わせは、とっても刺激的でありました!
刺激を受けて、我が家の植栽もお願いしてしまう…増えるばかり(>_<)

キッチンに薪ストーブに造作ドアに外構にと
【brass“house】工事はまだまだ続く…




 

ページ上部へ

06Wednesday 2015.05

パパラッチ。

打ち合わせの間の子守りの姿が可愛すぎてパパラッチ。

気づかれた…

パパラッチより設計士の打ち合わせしなければ

今日の【brass“house】ブラスハウス。
カーテン最終決め

この家に相応しい素材との出会い。

リビングや寝室に使おうと思うの。

コチラは子供室

おぼっちゃまも喜んでくれるかしら

彼が大きくなって、このブログを見て
こんな風にお家が建った事を知ってもらえたら嬉しいな
さて、いつまで私は頑張れるか…フフフ

可愛いなぁ〜




 

ページ上部へ

25Saturday 2015.04

スタイル。

大好きなKISSチョコをほうばり〜インテリア決め
【brass“house】ブラスハウス。

美味しいおやつをいただきテンションが上がるのであります!
お菓子で幸せな気持ちになれる事が幸せ。

その上、新作のカーテン生地にテンションが上がり

以前、おぼろげながらも決めたことが
新作の出現により全て覆される瞬間。。。

麻っぽい生地をベースに素材違い立体柄。
テイストの違う生地を組み合わせた大好きなミックススタイル。

こちらもパリッとした生地にチェック柄っていうミックスがたまらない。

打ち合わせ後、写真を見て思う。
ぶらりと垂らした手が何ともヤンキースタイル。
小っちゃいヤンキー・・・
 

ページ上部へ

今日は大切な掛け軸を見せてもらいながら
インテリアの構想を練る

中国の掛け軸だそうよ

リクシルジャンパーを着た鑑定士が拝見。
本業はタイル屋さん・・・

鑑定中のmusicは自ら発する チャラ チャラ〜ン♪

鑑定はままならないが
タイルは決まった

黄色系のベージュがモチーフのこのお家
命名【brass“house】ブラスハウス。

ネーミングの決定により道しるべもできた
嬉しい!ワタシはりきるよ!!

カーテンの選定に入り

次回はカーテンサンプルにまみれて打ち合わせする。

女子の時間。。。フフフ



 

ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop