› 
BLOG はたらく石

2017/05 << May 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

04Friday 2016.11

本の手ごたえ。

偶然、車ですれ違い…ざまに遊ぶ約束をする。

【本の家】にて女子お茶会。

ここに来るといつも素敵な本を紹介くださる

タイルの本。

しかも、私の好きなタイルはね。

と、付箋を付けていて

それを見せて下さるオクサマの気持ちがたまらない✩

【本の家】の建築最中にタイルの虜になったそう。

 

おすすめの本たちは

可愛くもありシュールでもある

うぶな可愛さなど面白味はないもので

手ごたえが欲しいのよ。

 

選び抜いた3色の生地で作ったカーテンも

ウッドデッキの爽やかな楓も

嵐の小部屋も

手ごたえがあり

小気味よい。

 

【本の家】オクサマのイメージ…と

マカロンを手土産にしたのは

【house◆アーガイル】のオクサマ

施主様同士の交流もたまらない✩

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

12Monday 2015.01

完成写真。

カメラマンの写真が出来上がった【本の家】
実績集の掲載前にちょっとご紹介。

ゆったりとした切妻屋根のちょっとレトロな外観。
大正時代末期〜昭和時代初期にかけて建設された同潤会アパートの雰囲気や
この鳥の色合いが好きなのです。。。と素敵な思いを語って下さった【本の家】

ほら。色が映っているでしょう!

カラフルな色合いが大好きな奥様ですが
本棚だけは本が映えるようにシックな色で作りました。

↑リビングに↓ダイニング

とは言えダイニングキッチンの床は個性的よね。

初めてお会いした時から揺るがなかった『縁側が欲しい!!』

何とも和レトロな空間になりました。

カタログに実例集に用意するのでお楽しみに。





 

ページ上部へ

28Tuesday 2014.10

本三昧。

写真撮影・・・【本の家】


晴天の本日も国貞カメラマンと臨みます。

緑が!緑が!なんて美しいの。

うっかり玄関の階段に上がれなくなるほどの繁殖ぶりに感動。
ポーチ床の天然石と煉瓦壁によう似合うし

玄関ドアもすでにしっとりと良い風合いが感じられる。

【本の家】ですから
本が詰まってから写真撮影を行おうと決めていて
ここはリビングの巨大本棚。

施主様と一緒に選んだソファが本棚に似合うでしょう。

リビングからダイニングを見るとキュート空間。

キッチンの手元の壁も本棚で
思わず本をごっそり借りて帰る…
とうぶん本三昧!!






 

ページ上部へ

【本の家】思い起こせば…
地味なのはイヤ(ー_ー)!!と何度も言われたものです。

だからと言って華やかな色たちにを並べるのではなく
爽やか&上質を心のテーマにおススメしてきた次第。

塗装の色は何度か混乱が生じ…
やっとこのモスグリーンに落ち着く。

モスグリーンとはいえ鮮やかにすると
とっても派手なので彩度のバランスに気を配り

洋服では素敵な彩度が
生活空間に大量に加えると落ち着かないものなのでね!

いつも笑いの絶えない打ち合わせでした
趣味の話も沢山しましたね!

本の事もいっぱい教えてもらいましたし
大量にお借りした本を夜な夜な読破しましたわ!

朗らかなご夫婦にとてもよく似合うお家となりました。
光も風もよく通り〜練りに練ったプランで
キッチンの導線も洗濯導線もとてもスムーズです。

そしてこの家のテーマとなった大切な本たちに囲まれて
心地よい日々を送って下さい。
キュートな【本の家】完成です!


ご主人の好みの外壁カラーが表現出来て
ワタクシ本望です!




 

ページ上部へ

21Monday 2014.04

【本の家】完成。

【本の家】本日完了お引渡し。
あまりの可愛さに小出しでご紹介します。

キッチンのダイニング側に本棚&飾り棚を造作。

ダイニングのペンダントライトに
猛烈にテンションが上がる

照明とカーテンとタイルのコーディネイト◇

この床タイルを待ちに待って工期が大幅に遅れる…
それでも待った甲斐があったと施主様と顔がほころぶの

この照明は2階の奥様の書斎にも使い

奥様のホビーROOM
彼女にピッタリの空間という事は言わずもがな…

明日へつづく・・・


 

ページ上部へ

15Tuesday 2014.04

玄関ドア。

【本の家】玄関ドアが入り待ちに待った床タイルも完成!

タイルにコーディネイトしたグラデーションのカーテン
互いに引き立て合う存在。

この家のキッチンはトーヨーキッチン

スタイリッシュとカワイイの中間で仕上げたくて
思惑通り☆

キッチンの背面収納の扉カラーが少し可愛すぎて…
落ち着いてトーンに塗り直し中。

納得ゆくまで貫くからこそ美しい仕上がりとなる!
と信じてはいるが、
時折しぶとい鬼のような自分に嫌気がさす…

そんな時こだわりを理解して協力してくれる
業者さんが心の支えなのです。

玄関戸はカナダ製の無垢ドア。
この家はガラスのスリットの入ったデザイン。

ドアが入るとまた一段と素敵。

 

ページ上部へ

31Monday 2014.03

カーテン。

【本の家】リビング&ダイニングには
3色の布を使ってグラデーションのカーテンを作る。

斬新でいてギャザーの雰囲気も可愛く
でも甘すぎない上質感。

こだわりの縁側

収納に貼られた古典柄が馴染みつつ
この家らしさを表現してる。

それにしても障子って美しいなぁ

障子の向こうのウッドデッキ。

デッキ中央にはカエデが植えられた。
新芽が芽吹いて愛おしい。


外構も進んできたよ。



 

ページ上部へ

17Monday 2014.03

ドアの色

造作建具が出来上がる【本の家】

根強いひし形モチーフ。
とっても大変なので、やめてほしい!!
との職人さんの声を完全に無視したデザイン(鬼)

モスグリーンに塗装をして
淡く仕上げる事にした。
全体の空間を見ながら微調整してもらう
納得いくまで粘る
しぶといワタシに付き合ってくれる
ありがたい塗装屋さん。

この家のこだわりの縁側

和室の向こうにはウッドデッキにフェンス

次は素敵なカーテンが付くよ。

玄関あけたら可愛いドアがお出迎え
ほーとーたまらん(ー_ー)!!




 

ページ上部へ

09Sunday 2014.03

縁側

壁に珪藻土が塗られ
キッチンの壁タイルが美しい【本の家】

造作された本棚兼飾り棚に何を飾ろうか

上の段にはガラス物を飾ると
キラキラして綺麗だろうな☆

ワタシはガラス素材がとても好き。
しかも色つきにめっぽう弱くて
この家の撮影用に探している最中。

和室には縁側を設けた

右の空間は押入れで
左の縁側にはずらりと障子が入るよ。
壁はシックなカーキ色。

縁側ってとても贅沢だけれど、落ち着くのだわ







 

ページ上部へ

28Friday 2014.02

キュートのつくり方

キュートな洗面
【本の家】は何とも可愛らしくて華やかだ。

華やか好きな施主さまにグレーのモザイクタイル(カウンター)を提案した時は
地味に見えたそうだが…やはり貼ってみると落ちつきがあって壁としっくり馴染む。

水色のクロスも壁タイルを馴染ませる為に必要アイテム。
これが白ベースだとタイルが目立ちすぎてラブリー空間になってしまうのよ

最後の照明達が届く。
これらは古いものだけど、LEDが使えたりするので優秀。

縁側に洗面にリビングにダイニングに
それぞれが別空間で活躍する。
みんな頼んだよ!!







 

ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop