› 
BLOG はたらく石

2017/05 << May 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カメラマンによる撮影写真が届いたので
ちょっとご紹介。【オーカムhouse】

こだわりの間取りで光を存分に取り入れ風の流れるリビング。
そして【オーカムhouse】らしさを追及したら
この天井照明しかなかったのです!

コチラはリビングの北面

北側のクロスにはミッドセンチュリー柄の輸入クロスを貼っているのだけれど
ベースの渋いグリーンの壁紙とシットリと馴染んでいる感がたまらない!

南西のリビング。

右側の黒いカウンターは
タイルで造作したインテリアコレクションを飾る場所。
L型の形状や素敵なバランスをあれこれ考えたのも素敵な思い出。

何よりこだわったこの外壁。

懐かしい昔の建築物の外壁を再現。
施主様と二人で旧家を見て回ったのも楽しかったですわ!

写真を見るだけで建築中の思いや
施主様と一緒に頑張った事が蘇る。。。
あぁ〜ホント楽しんだのだわ(^_-)-☆


 

ページ上部へ

【オーカムhouse】
諸事情によりほぼ一年経っての写真撮影。。。
撮りたくてたまらなかったので あぁ〜嬉しい♡

シンボルツリーの2本の白樺はすっかり落葉しているも
この家には冬の凛とした空気感が似合うと思っているので満足☆
とは言えこんな晴天では、寒々しさが感じられず・・・
撮影日は毎回晴天なもので、直射日光を避ける為の雲待ちが日課ですわ。

雲待ちをしていたら、話に花が咲きすぎて
また直射日光を浴びる・・・(;一_一)

少し光が和らいだ。。。これくらいがこの家を引き立たせてくれる。

ワタシとカメラマン国貞氏が光を追及している頃〜
SPC鎌田氏と施主様はインテリア小物の話で乙女トーク。

そういえば以前のインテリア小物shoppingから随分経つから
そろそろまた行きたいですね♪

別名“みどり族”と笑いながら選んだ日々はついこの間の事のよう〜
ワタシのお客様は“みどり族”率が高いのよ。。。ココは元祖(ー_ー)!!

実績集やカタログの参入をお楽しみに!!

アラ、春のようだわ・・・


 

ページ上部へ

03Wednesday 2012.10

お買いもの。

完成したばかりの【オーカムハウス】さらなる進化にいざなうべく・・・
ようするにお買いもの・・・フフフ(ー_ー)!!
一軒目にして、いきなり出会う。リビングに探し求めていたキャビネット。

雰囲気、サイズ、状態、価格、全て良し!!
イギリスのG-plan 1950〜60年代に製造されたアイテム。
この手の家具には日頃から目を光らせているが、
なかなか出てこないのに・・・運命だったのね。

買い付け先のイギリスのホテルで、幽霊を感じたの・・・と話をする
【アンティークショップヴァルボラ】のオーナーと聞き入る施主様。。。
この場所で幽霊話をするオーナーって、ほーとー面白いわ(ー_ー)!!

ワタシは古いものでも、爽やかースカッ!!とした感じがしたらOK!としている。
まったく根拠などナイけど、前を向いて朗らかに生きていたら悪い気なんてやって来ないさ〜

次は、【手仕事・工藝 ロサ】で施主様ペリカンピッチャーをお気に召す。

綺麗な山吹色にペリカンのような形が可愛い!
しかも大変注ぎやすそうよ。
書いていて、私も欲しくなってきた・・・注文しよっっ(゜-゜)

民藝品の器は、我が家の食卓に毎日並ぶ。 
どっしりしていて、ざくざく使える所が大好き。
手が荒いので繊細なモノはバリンバリン割る(;一_一)

ワタシ。色が好き
白を買うときは、よっぽど形が好きなとき。

まだまだ行きたいお店があったのに、定休日にみまわれて・・・
ただのリサーチ不足。いつも行きあたりばったり〜(*_*)ホホホ




 


ページ上部へ

お引き渡し。。。ギリギリ(@_@;)で工事完了【オーカムハウス】
しかし、こだわったカーテンは間に合わず・・・外構工事もまだ残っている(涙)
施主オクサマと私、打ち合わせを楽しみ過ぎたもので、
笑ってばかりで決めるの遅かったわ・・・反省(;一_一)

施主様ご夫妻。もみじ建築・乗松社長とワタシで記念撮影。

出逢いは私の独立直後の三年前。
施主様がドキドキしながら〜初めて私に電話をくれて
『気さくな声を聴いてホッとした。。。』と感じて下さったことから始まり〜
お会いした時には、『石村さんにお願いしたい。』と言ってくださり。。。
本当に本当に〜嬉しかったことを覚えている。
様々な要因で少し時間がかかったけれど、
私たちは互いに、いつかきっと素敵なお家が出来る!!と疑う事はなかった。

『二人に任せますから、カッコよくしてください。』と
ご多忙の男らしいご主人の気持ちに応えるべく〜

二人、車に乗って古い外壁の風合いを見て回った事も
一緒に【オーカムハウス】の名を決めた事も
貴方様のメールの題名が『おこんばんわ』だった事も
どれを思い出しても笑えるのです。。。

来月には、小物や家具選びに行く約束なので、寂しさも和らぐわ。
キャビネットが見つかってないので、フラフラ探しに行くのだけれど
今から笑いが止まらないのだろうな・・・と予測される(ー_ー)!!

仙波棟梁もお疲れ様でした!
仲良しのご家族が、くつろぎ笑顔でいられるお家になりました。。。
皆で大笑いしながら楽しんだ【オーカムハウス】完成です!





ページ上部へ

15Saturday 2012.09

煉瓦。

バルコニーの手すり設置完了。
【オーカムhouse】 手すりはブラックに塗装するのよ。

外構工事も開始され
玄関ポーチの煉瓦も敷き詰められた・・・綺麗だ〜

玄関内部も見とれてしまうわ
しっとり感〜の煉瓦は無骨でいて品があって大変好み。
私は、対照的な二つの要素を持つものが好きなのかもしれないな

目地に埋もれているような施工に、とっても満足。

貼り方は、面倒なの頼んですまんかった!!
でも、ほーと―綺麗よね☆

この家は、白をまったく使わなかった。
壁は全てカーキ色。 
施主のあだ名は、【みどり族】(@_@;)




ページ上部へ

06Thursday 2012.09

現場。

本日は一日中ずっと現場に居る。。。幸せ(@_@。
【オーカム・ハウス】では、この家を象徴するライトが設置された。

グルングルン回して バランスを整える[大野電気さん]

あまりの大きさに一瞬ひるんだが、とっても斬新だわ!
クロスもタイルも全ての素材が馴染み、浮いているモノなど何ひとつ無くて、
空間がいきいきしてくる。。。

可愛いライトのこのお部屋は和室。
これまでにナイ和室を演出したいと考えている。。。
 
外構の打ち合わせも最終段階に入り、今日は木々の選定。
[お庭のテラ・西岡さん]と共に、【オーカム・ハウス】に似合う木や花を考える
ライラックとかカエデとか白樺が似合うと思うの。。。即決定。

出来上がったばかりの建具をの色の選定もするわ。
[加藤木工さん] [塗装工の大西さん]

最後はご夫婦で決めるよ。。。仲良しだからね(^_-)-☆

この家のテーマカラーのグリーンを全身にまとった
[タイルワークス・タケチ氏] は玄関のタイルのベース作り

装いの名は・・・『バッタ』(ー_ー)!!




ページ上部へ

26Sunday 2012.08

工事大詰め。

【オーカムHOUSE】 本日の打ち合わせは業者さん大勢で賑わっている。
まずは、バルコニーの手すりの打ち合わせ。

手すりのイメージは、ヨーロッパの洋書の1ページから〜
繊細な手すりに一瞬たじろぐ荏原鉄鋼さんと仙波棟梁
しかしこれまで多くの難題をクリアしている上に
私の言わんとするところも瞬時に理解してくれ。。。頼もしい!

次は、カーテンの打ち合わせ。コーエキ・マサイ女史。
イメージを携えて、一度打ち合わせをした後に
実際のカーテン生地のサンプルを現場で当ててみる〜
そうすると、雰囲気が分かり易くすんなり納得出来るの。

タイルの工事も進んでいる。
コレは、リビングのカウンターで、いわゆる飾り棚。
飾りたいモノのイメージは決まっていて、それに合わせたタイルをチョイスした。

トーヨーキッチンも設置されて、輝く水栓〜その名も【ウサギ】
ウサギがモチーフになっているのだわ。。。可愛いうえに使い易い!

もみじ建築の面々と、お庭工事のテラ・西岡女史との外構工事の打ち合わせ
手前の煉瓦とブロックでの演出が決定した。

きっと外壁と緑が映えるわ・・・




ページ上部へ

20Monday 2012.08

オーカム・ハウス

沢山のおやつに囲まれて〜施主様と我が家で打ち合わせ。
これまで“イシイの家”と呼び続けてきたが
このたび命名【オーカム・ハウス】

施主様にちなんだ幸福モチーフ
“馬蹄”で有名なイングランドのお城に由来するネーミングなの。

こうなっては、馬蹄を壁に飾らなければならない・・・どこに売ってるの(;一_一)?

ヨーロッパのお城のイメージではないけれど
レトロな壁紙が貼られたココはリビング。

オレンジの業務用扇風機が可愛くて似合ってる。
職人さんに、売ってるところ教えてもらったけど・・・風圧がハイパワー!!
家庭用では使えないわ・・・

外構の打ち合わせに皆が集まる〜お盆明け。
外壁の美しさが、写真では伝わらないけど、お庭でまた引き立つ事でしょう。







ページ上部へ

09Thursday 2012.08

洗い出し風〜外壁。

こんな外壁がイイ!!と見せられた写真は、洗い出しの外壁であった・・・
ishiiの施主様は、お目が高い。。。
左官職人に相談したところ、現在の下地の状況やお手間や予算や総合して検討した結果
左官塗りにて、洗い出し風〜を表現しようと言う事になる。

渋色の目地に、上塗りを施す。
お手間はかかるが、面白き風合い〜

目地のラインとか、大そう手間がかかったわ。
ありがとう!左官職人さんたち!

今日は、もみじ建築の乗松社長と仙波棟梁と仕上がった外壁を愛でる。

綺麗だね。。。




ページ上部へ

15Sunday 2012.07

クロス。

巨大な外壁サンプルが届いて驚く(@_@;) イシイのお家。

見やすく思惑通りの雰囲気だったので、即決定。

施主様と仙波棟梁。

このお家はホワイトの壁ではナイね。。。と言う事は出会った頃から決めていて
それらはブレることなく表現される。
カーキとベージュと幾何学模様のクロスを組み合わせよう。

うんうん。これだわ。。。
このシックで柔らかい雰囲気がこの家のイメージ
これをベースに、ブラックのタイルや照明が配される。

カッコ良くなるよ!







ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop