› 
BLOG はたらくわ

2017/11 << November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【ウィルビィ】開業15周年式典

お呼ばれしましてウキウキで出席させていただきましたわ。

お着物専務&長身社長の五島夫妻との出会いは

畑寺センターを設計させていただいた5年前。

詳しくはブログへ【ウィルビィ建築への軌跡】

 

増々パワーアップしたお二人とスタッフの方々のおもてなしで

式典なのに始終、笑い転げられるとは…

凄いな流石だわ!と感激した次第。

しかも数々の余興に巻き込まれ…

社長の演奏衣装とワタシの一張羅が被っていた事は

最大のショックでしたけれど。

 

名ばかりのボランティアとして

ウィルビィに週一で通っている母と共に

舞台で鈴を振り、あまりにノリノリの母に引く娘。

(何故かサングラスも与えられる)

陽気な母がウィルビィが大好きなのを体感しつつ

ここで皆と笑い合っていたら

ずっと元気でいられると確信しましたわ。

↑社長の『喜び組』みたいになってますが…

 

その他多くの余興がありましたのに

終止笑い転げていましたので

写真がおろそかになり後悔してます。

 

改めてウィルビィの皆さまから

おもてなしの心を学びました

本当に面白く素晴らしい式典でありました!!

日々の建築&インテリア綴っております。

こちらもご覧くださいませ。

▼▼▼

snsメッセージ

インスタグラム

フェイスブック

 

 

 

 

 


ページ上部へ

01Monday 2014.09

ウィルビィ夏祭り

大盛況の夏祭り。
【ウィルビィ・フレキシブルセンター】
(デイサービス&幼児保育の事業所)

夏休みを締めくくるに相応しい賑やかな夏祭りにお邪魔しました。

祭り会場には社長の愛車が売り出されており
購入を迫られましたが、キッパリお断りし


かなりの高額からの応談(;一_一)

お外でひとしきり笑ったあと
室内に入ればお祭りに彩られたウィルビィに皆様の笑顔
こんなにも皆が集い笑顔で溢れてるなんて。。。
設計した私にとっては至福の空気感。

ここのには沢山の笑いのスポットがあり

ふと壁を見上げれば…

この方が【保育所ウィルビィ・バンビーノ】の園長だと


実際の五島裕子園長兼専務
お写真も大そう美しいですが実物も美しく

歴代の園長もそうそうたる顔ぶれ(ー_ー)!!





 


ページ上部へ

20Tuesday 2013.08

レコード

【ウィルビィ・フレキシブルセンター】
(デイサービス&幼児保育の事業所)

近頃少しばかり足を踏み入れていなかった建物内は
陽気な雰囲気で溢れていて

やっぱり居心地が良いわ

ウィルビィの皆さんの季節ごとの飾りつけと
スタイリッシュな建物とのバランスが丁度いい塩梅で
斬新ながら暖かくて〜居心地の良さを感じられるわけ

今日は様々なジャンルの収集家である
オーナーご自慢のレコード鑑賞会。

まずはこれを聞けと言う

『ダウン.タウン.ブギウギ.バンド』
・・・・分からん。

正直者のワタシがそう言うので、
幼少の頃憧れた【セーラー服と機関銃】にちなんで
【夢の途中】を鑑賞する。

そして歌詞に反応。
『スーツケースいっぱいにつめこんだ
 希望と言う名の重い荷物を 
 君は軽々ときっと持ちあげて 
 笑顔みせるだろう』
この状況を私の人生で演じると大変なことになる気がする…
いったい何処へ旅立つのか。

いつも“夢とか希望とか一人で立とうとする人”に反応する

そんな私の戯言を聞いてくれる オーナー五島夫妻。
久々に語り尽くし勇気をもらった。

このジャケット。可愛い✩











 


ページ上部へ

27Thursday 2012.12

酢豚とウィルビィ

今年一年の労をねぎらって
【ウィルビィ・フレキシブルセンター】
(デイサービス&幼児保育の事業所)
オーナー五島裕子さんと二人女子会。

忙しい彼女と今年中に語らう事が出来たので年が越せる
今日は、兼ねてから彼女に食してもらいたかった

中華料理【四川飯店 菜温】へ
こちらのオーナーご夫婦とは

とっても深いご縁があるの

ワタクシの大好物。

サイコーの酢豚が食べたくて時折訪れる
もちろん他の料理も素晴らしいけれど

どうしても☆酢豚☆

何故こんなにも酢豚が好きなのか

…理由などなくてよ。

完食した後は、数か月ぶりにウィルビィへ訪れた。
オーナーやスタッフの方々の個性があふれ出て
素敵なお正月の装いに演出されている。

五島裕子オーナーと癒しの看板犬。
ここは受付スペース。

完成直後は、スタイリッシュが際立った空間だったけど
暖かさや優しさがプラスされていてウィルビィらしい

 ↑ ↓ 完成直後の写真ですが
大好きなエントラスホールにキッズトイレ

『完成した時もとっても感動したけれど

使い始めてもっと感動したのよ!!』
この言葉に感激(*_*)


慣れない施設設計に随分戸惑いながらも
図面を考えている時は楽しくてアッという間だった
インテリアはいくらでも恰好よく出来るけれど
間取りの良さや使い勝手の良さは使い始めてからわかるもので
あの時夢中で考えた図面を今こうして感動したと言ってもらえるなんて…
今年最後の感動をありがとうございました。

最後にウィルビィのプロフィールをご紹介。

もっと【ウィルビィ】を知りたい方は、どうぞコチラヘ【ウィルビィHP】


 


ページ上部へ

ハートを…ロックオン。
それは【ウィルビィ・フレキシブルセンター】での
娘のレイと友人たちを含む大勢の子供達が参加した

『サマーキッズ・ボランティア』
ボランティアに行ったハズが

手厚いおもてなしとイベントアイデアとユーモアに
すっかりまいってしまったのよ。

オーナー五島夫妻のオモシロ開会式に始まる。
送迎がてら少し見学したが
おやつの『プリン ア・ラ・モード』 を 

『プリン あ・ら・どーも』と発音するも
子供たちは気づきもしない(;一_一)
親にはウケウケだったので

これ以上大人に気を使わせては悪いと思い早々に退散したわ。

以降↓ 写真提供ウィルビィ
ランチ作りに〜焼きそばを焼いて


カワイイおにぎりも

ボランティアに行ったはずが

大学生ボランティアのお姉さんたちに手伝ってもらいつつ
とっても美味しかったそうです。

2階のテラスではプールも満喫
図面を描いたころから大きなテラスでの使い方を空想していたが
その場が賑やかで楽しさに満ちていて…あぁ嬉しい。

オーナーと共に打ち合わせを重ね造り上げた建物で
こうして子供たちが遊んでる。

慣れない施設建築に行き詰る事もあり
その度に、自身の父や母を思い浮かべ

いつか彼らがお世話になる場所かもよ!と噴気して
その思いを力に変えて踏ん張ったものです。

まさか子供たちまでお世話になるとは。
 
子供達のハートをロックオン!したのが 

↓ おもてなしの達人。五島裕子専務。
素敵な大人に憧れて、おもてなしの心を学び、

素敵なキュートな大人になってくれるとイイな。

第1回目で、残りあと3回全てに参加する!!と

勝手に決めて帰ってきた子供たち。
どれほども楽しかったのね。
 
8月10日には、夕涼み会を開くそうです。
詳しくは、コチラヘ⇒ 夕涼み会のチラシ       

ウィルビィのHP










 


ページ上部へ

23Saturday 2012.06

カフェクレマにて

共にこだわりを貫ぬき 

共に戦いを終えた戦友である
【ウィルビィ】オーナー五島裕子さんと

カフェクレマ】にて会食。

忙し女子はフラフラになればなるほど

仕事に集中する傾向があるので…
美を保つ為にこうして発散しなければならず
ラテンの血潮が流れている(気がする)

ゴージャスな彼女からパワーをもらうわ。

エキゾチックな装いがカフェクレマにお似合い
次回はお洋服を買いに行く予定なの。

ここで【ウィルビィ・ブログ】でもご紹介いただいた
まだまだ温めているウィルビィ写真を紹介。

コレクションを集結したエントランスホールは
【ウィルビィ・ミュージアム】と呼びたい

保育スペース。
多くの上質なカラーに触れて感覚を育んで欲しい。
インテリアセンスの第一歩は

カラーと上手に向き合う事なので。

デイサービスのちょっとした洗面スペース
ちょっとしたスペースだって気を抜かない

こだわり戦士の条件。

吹抜けの応接スペース。
ロフトスペースにはコレクションがずらりとならんでいてる。

カッコイイ・・・。










 


ページ上部へ

華やかで〜賑やかで〜本当に元気をくれる

【ウィルビィ・フレキシブルセンター】 
ロッカーですらパワーが溢れている。

6月1日にOPENをむかえ 

“ウィルビィらしさ” を追求したHPもリニューアル。
どうぞコチラ⇒ 【Willbe】HP

【ウィルビィ】を少しご紹介。

キッチン〜ダイニング。
食事の空間にはホワイトとナチュラルなテーブルで

爽やかな雰囲気を大切にしつつ
マットな質感のタイルと床のブラックでシックを演出

そのダイニングの窓の向こうには、足湯のデッキへ続く
濃紺のモザイクタイルとデッキの赤茶のコントラストがウィルビィらしさ

外部に属するものは、全てネイビーブルーとオレンジの配色で仕上げている。
大きな建物を品がありつつ斬新に見せたかったから。

そうして建物の中に一歩踏み入れると
元気な空間が広がる

ブルーにしようと思っていたカウンターは
オーナーの希望でレッドになった

やはりウィルビィらしい。

大好きなエントランス。



 


ページ上部へ

01Tuesday 2012.05

完成写真。

【ウィルビィ フレキシブルセンター】
写真撮影を終えた

エントランスホールの階段下から〜

いつもとは違うアングルが斬新だわ。
奥にうっすら見えるアトムの設計図は

つい立ち止まって見とれてしまうポイント!

ホールの吹き抜け部分。

思い切って貼り分けたホワイトとネイビーの壁が
【ウィルビィ】らしさが表現できたとオーナー共々満足している。
建築照明での光の演出で、空間の奥行を表現。

2階の多目的スペース。

手前のブラックタイルの向こうには
トーヨーキッチンが隠れている
ちょっとカフェのイメージ。

本日はこのくらいにしておこう
またのお楽しみ!!


 


ページ上部へ

20Friday 2012.04

ハイカラ展示会。

『ハイカラね〜ココに通いたいわ!!』と
お洒落な奥様方に口ぐちに言っていただき…あぁ嬉しい。
【ウィルビィ フレキシブルセンター】展示会一日目。


多くの方にお越しいただきまして、ありがとうございました。


細部にまでオーナーと共にこだわった甲斐があったりました。
皆さまが興味を持ってくださり会話が弾むのです。

テーマカラーのオレンジに身を包んだスタッフの方々の
笑顔と元気がウィルビィそのものなのね。と感じた今日一日。

面白い発想が溢れた空間は見どころ満載で
長身のオーナー五島氏の指さす先には

レアコレクションが並んでいたり
その一部はこうしてロッカーに!

WEBデザイナーm.d.cの宮内氏も写真を撮る手が止まらない

初公開。2階の多目的空間。
ブラックのタイルの向こうはキッチンスペース
奥のテーブルの向こうは、広々としたバルコニーへとつづく

1階のカラフルな元気なスペースと比べると
ちょっと大人っぽい空間。

共にこだわりを貫いたオーナーとワタシは
共に戦いを終えた戦士の気分なのよ。

ようやく迎えた晴れの日を存分に楽しみましょうね。

明日、最終日。
皆さまどうぞお気軽にご来場くださいませ
詳細はコチラ

 


ページ上部へ

19Thursday 2012.04

展示会広告。

本日。愛媛新聞を飾りました。
【ウィルビィ フレキシブルセンター】
(デイサービス&幼児保育の事業所)

建物を愛するあまり

広告デザインにも手を抜けなくて
何度も打ち合わせを重ねる


ネイビーブルーとオレンジがモチーフなの。

今日は、展示会への最終の飾りつけ
バタバタして思いにふける時間がないけれど

耽ると泣いてしまうのでそれくらいでいいわ。

皆様に楽しんでいただける空間。
照明の雰囲気も可愛いタイルも

アトムもバイクも車も・・・待ってます!
展示会ご案内⇒コチラヘ





 


ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop