› 
BLOG はたらく石

2017/10 << October 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

21Monday 2011.02

お経のように。

『小さいお家を描いてもらえます? 27坪くらいの・・・』

フフフ〜よかよ。(エラそう。しかも九州弁。)

業者さんに頼まれて、得意げに小さなお家を描いてみた。
近頃、描く機会が少なかったのだが、
小さな敷地に コンパクトにまとめるのとか 結構好きで
描かなくてもいいのに、数パターン描いて一番のおススメを仕上げていく。

いつからか、こんなにも図面を描くのが好きになった。

小さいころは、歌手。あるいは『兼高かおる世界の旅』のように(古っっ)
『石村ともこ世界の旅』のレポーターになりたかった。
あるいは『トモコ(ニルス)のふしぎな旅』でもよかった。
今は『世界ふしぎ発見』の女性レポータのタフさに、私には務まらねぇ…と思い見ている。

今は、図面を描くと気が静まる。まるでお経を唱えるように〜。
(日常お経を唱えることはナイが) 
空想し描くことで、ちょっと違う世界に行ってるのかもしれない
どこかは分からないが、心の静まる場所へーーー

 

ページ上部へ

こちらも仕上げに入った〜内浜の家。
限られた敷地に 横に細長ぁーい お家を建てた。
小さな吹き抜けからは、太陽光が降り〜北欧のペンダントライトが仄かに光る

リビング・ダイニング・キッチン共に、南に向かうよう施した設計。だって、横長だもの!

渋いグリーンのアイランドキッチンは、おなじみ トーヨーキッチン
もぅ気に入りすぎて、こちらのキッチンばかり使ってる・・・
設置途中であれ、素敵な雰囲気は伝わる事でしょう。

今回はこのキッチンの渋いグリーンを元に、コーディネイトしたしだい
少しミッドセンチュリーなども意識しながら木製ライトや木製ルーバーを起用した。

玄関ホールからの眺め〜
不思議な色で仕上げた入り口のドア。
茶とグリーンが混ざったような色なんだけれど 写真が下手で分からない・・・涙

 

ページ上部へ

29Tuesday 2010.06

セカンド バッグ。

玄関ポーチをくぐり〜右に曲がったところに玄関ドア。
ここからは見えないのです。

奥まった玄関を好まない方も多くいますが
ここでの地形でOPEN玄関にすると ドアを開くやいなや隣近所さんと目が合います。
なので奥まった設計を施しました。
雰囲気もあり高級感も漂うのです。

白いコテ塗りを施した 内浜の家が着々と完成に近づいています。
最近気に入っている錆びの出る石を玄関に貼り〜これは おとなしい色合いのタイプ。
施主様のこだわりの白壁に映えるように! との選択です。
2階ホールからの眺め 階段のペンダントライトは北欧のレ・クリント
雰囲気は抜群で、お手頃価格だわ〜!と時々使っているのです。
しかし、職人さんに金額を聞かれ、答えたら・・・「高っっ!!」 と言ってましたから
さほど安くはないのかもしれません・・・狂った金銭感覚。

先日、 dragon*house にお邪魔してましたら
釣りたてのハギをいただきました。
ビニールをかけ・・・ワインの保冷材でくるむ・・・ハギセカンドバッグ

この後、私が小脇に抱えて遊んでましたら〜小脇に匂いが・・・
しかし、粋な包装 たまらん! とシャターを切る私・・・狂った美的感覚。
 

ページ上部へ

22Tuesday 2010.06

手間を惜しまず。

内浜の住宅が、大詰めに入りました。

足場の間をぬって 外部の撮影を試みましたが・・・何を写しているのか分かりませんね・・・

これは玄関ポーチ。 道路から〜玄関への目線を遮る為 米杉のルーバーを作成しました。
基礎の部分にも天然石を貼って貰う! 美しい!
ちょっとした試みが、手間が、建物の質を向上させるものなのです。

私にしては、シンプルな佇まい〜
施主様たっての希望ですので、ナチュラルな照明器具木製ルーバーで空間を造り上げます。
ただ、トーヨーキッチンのグリーン扉・アイランドキッチン入りますけれども〜

2階ホールには、書斎スペースを設けております。(写真奥)
手前の階段笠木なども、職人さん泣かせの加工を施し(手間がかかる)
奥行きの表現には、抜かりありません。
と言っても、棟梁である もみじ建築・大工さんは、泣くどころか最新の提案をして下さったりと
自ら手間になる事も惜しまず率先してくださる。
それは他の職人さん達にも伝染し〜
自然と現場のクオリティが高まるのです。

志の高い職人さんの集まる現場・・・癒しすら感じます。

ページ上部へ

外壁の左官塗りの色を決めようと〜外を眺めていたら〜山の緑が美しくて
ホワイト系 以外浮かばない。 なぜかしら、、、の邪魔はしたくないのである。
先日の東垣生では、伊予銀行の白い壁ばかり目に入るので、、、
強い色が使いたくて たまらなかったのに。 
毎回こんな決め方で良いのだろうか・・・? いい〜んです! 
環境が教えてくれるインスピレーションに勝るものは無いのだから。

こうなると、軒裏の木を自然な色で仕上げたい。 
しかし・・・このアングルからの外観ばかり。ゴメンナサイ養生の為ここしか撮れないの。

さくらプロジェクトin内浜
お約束のさくらカウンターも取り付けました。
今回、PLAN段階で、カウンター位置を考えておらず、、、
しかし、こういうお約束は、毎回やり遂げる事が大切なのだと思います。
そうやって繋がる さくらhouse
毎回 変わった取り方のカウンター・・・思いつくかぎり楽しむわ! ”粋” に

間もなく、もみじ建築・窪田棟梁の仕事が終わり、、、
塗装の大西技装工業の大西代表と打合せです。
この方もお若く意欲的で、難しい塗装をお願いする私に、勉強になります!!なんて言って下さるのです。 
私こそ、塗料の性質や場所によっての適正を細やかに教えて下さり 多くを学ぶ事が出来ています。

この現場にいて、どの方と仕事しても、職人さんの腕に 人柄に感動したり 姿勢に感動したり・・・
設計士こそ現場に立ち、現場を知るべきだと、、、毎回思うのです。
素材や色使いに迷っても、環境が教えてくれますし〜

ページ上部へ

26Wednesday 2010.05

単純だがいい奴。

現場では、こんな〜風に見せたいの。 こんな〜感じの納まりにして。 から始まり
エキサイトしてくると、 ドーンとやって! ババッーっとこんな風に! と意味不明な言葉を連発
ええ まったく意識しておりません。

そんな私といると、自分がしっかりせねば! と思うのでしょうか
もみじ建築の棟梁方々は、大丈夫です!任せてください!と受け止めてくださる。
そうしてまた調子に乗る建築家・・・

今日も さくらプロジェクトin内浜 の現場では、窪田棟梁
「石村さんの言っていた納まりでイイ案が浮かんだんです!」と素晴らしい案を提示してくれる。
何て幸せ。。。
もしか、私の主語のすっ飛ぶ語り に 動詞と擬音しか出てこない語り に 
皆がしっかりせざるえないのか?・・・フッッ・・まぁよい。
こんな私の特徴も時には人の為になっているのだ。〜直らないから開き直る

窪田棟梁の背後に、、、大五木材の高橋氏。
私が木材の質問をぶつけた電話で、普通ではない木材ばかりを勧める〜
そして最後に彼は 「ゴメンネ。いつも ”あおって”(笑)」 と言う。
表情は見えないが、彼は ほくそ笑んでいるのであろう〜
そして、いつも乗っかってしまう自分は 〜単純だがいい奴だな と思った。



ページ上部へ

 さくらプロジェクトin東垣生 分譲住宅展示会
2日目も 約40組 100人くらいの方が来場してくださり
二日間合わせて 約80組 200人くらいの方が来場くださいました。
分譲住宅らしからぬ さくらhouse を堪能頂きました。ありがとうございました!!

”お祭り”を思わせる dragon*house展示会 ほどの人ではありませんが
ここは33坪ほどのお家 サイズに見合った人数が途切れる事なく訪れる様子に
家が呼んでくれいる・・・なんて不思議な気持ちになりました。
まぁ元来 不思議好きの考えそうな事ですわ〜

ステキなお庭なんですよ。 小さいけれど和むのです。

私の展示会に何度か来ていただくも お話出来なかった方と 今回ゆっくり語れたり(嬉)
小学生の息子の担任の先生と数日前の家庭訪問で盛り上がり(息子の話は少しだけ・・・自分達の事で盛上がる・・・)
ブログを見て、展示会に来てくれたり・・・先生は私のことを面白い!と言ってましたが、、、
先生の方が、もっと面白い人だと思うの わたし。。。

そして、やはり造り手の代表・大工さん達の接客が見所でしたでしょう・・・違う!真の見所は家だわ
つい楽しくて、人と人との絆や繋がりに感動するばかりの展示会でした。

毎回展示会にて大活躍!語りに語る〜 大五木材 ”木の語り部” 展示会レポートブログ
人使いの荒い私に ”レポート写真係り” にいつの間にか任命された
m・d・c 宮内氏の レポートブログ

皆様がレポートしてくれるので、休み休みでブログしている私も書かざるえない・・・
いわゆるサボれない状況になってます・・・ははは〜


ページ上部へ

さくらプロジェクトin東垣生 分譲住宅展示会
1日目の今日 約40組 100人くらいの方が来場してくださり
分譲住宅らしからぬ さくらhouse を堪能頂きました。ありがとうございました!!

お手伝い頂いた方々〜大変感謝しております。
「大五木材」 高橋社長は ”木の語り部” としての職務をまっとうしつつ
自身のブログの為、延々写真を撮る・・・
そして、HP展示会レポートの為訪れたウェブデザイナーの「m・d・c」宮内氏
カメラレクチャーまで受ける始末〜楽しんでおられる様子が微笑ましい〜

昼の弁当に ”にぎり寿司” の出前を頼む 「さくら不動産」兵頭社長
労をねぎらってくれてるのね〜嬉しゅうございます! (やっと食せたのは3時過ぎ)

受付には、お庭の「TERA」西岡女史と 「もみじ建築」 乗松社長松田大工窪田大工のお三方
ご来場の皆様 異例の大工さんの受付は如何でしたでしょうか?
初めての経験に彼らは緊張し、人使いの荒い私にカタログの袋詰めまでさせられ・・・

しかし、多くのお客様が自分達の建てた家に感動してくださり
じっくりと時間をかけて見て回られる姿を見られたことは、大きな成果だったハズ
何より私は 彼らに感じて欲しかった。皆様の感動を!
一緒に造った家が、こんなにも愛される姿を!

そして、、、意欲的な彼らは、最終的には自ら進んで接客するまでに成長した!!
あぁ〜ありがとう! わたくし大変感動した!!
上手に話せなくて構わない! 一生懸命語れば思いは伝わる! 明日も頑張ろう!

皆様、どうぞ楽しみに いらして下さいね。 
今後のお家造りの参考や〜インテリアに興味のある方も大歓迎ですから。
 

ページ上部へ

14Friday 2010.05

いよいよ展示会。

明日から〜土・日
さくらプロジェクト*東垣生
 
いよいよ!!分譲住宅展示会

カーテン工事無事終了いたしました。

カーテンが入り、キラキラ存在感のペンダントライトも しっくり馴染む空間になりました。
建築もそうですが、インテリアも最終段階まで、じっくり気を抜かずコーディネイトするのです。
内から湧き上がる自分の理想をブレることなく追求すれば、心地よい空間が生まれるハズ!

南のお庭〜
木製フェンスがそびえ立っていますが、植木を植えると圧迫感は感じません。
南に伊予銀行の壁しかなくとも・・・気にならない!
落ち着いて過ごせる〜リビングからの景色です。

仲間達が それぞれの視点で展示会の紹介をしてくれています。
どうぞ、ご覧下さい。

フローリング材や天然木、ダイニングテーブルを造作くださいました
木を愛する ”木の語り部” 「大五木材」 高橋社長のブログ 

ウェブ・デザイナーの
「モンステラ・デザイン・コード」 宮内様のブログ
私のホームページを制作・デザインしてくださった方なのです。
クリエイティブな仲間であり、PC音痴の私の師匠であります。

では皆様 明日お会いしましょう。
お待ちしております。


ページ上部へ

13Thursday 2010.05

もうすぐ展示会。

さくらプロジェクト*東垣生 
もうすぐ!!分譲住宅展示会

今週 15土・16日 開催。・・・あと少し現場は追い込みです。
明日、カーテンが取り付けば、工事完了。で 展示会準備にかかります。半日しかない・・・

”自分たちにしか出来ない分譲住宅を造ろう!” と
「さくら不動産」 兵頭社長を中心に 「もみじ建築」 乗松社長と 私 で結成されてから半年。
一棟目である東垣生15号地がいよいよ完成・お披露目です。

玄関アプローチ〜お庭まで、しっかりデザインさせていただきました。

写真はまだ工事中ですが、、、本番でお楽しみ下さい。

山吹色のお部屋を造ってみました。
素敵なカーテンを待つのみ

書斎カウンターは 1.2階ともに設置しました。

もうすぐ出会うであろう、この家のマスターとなられる方は
ご夫婦共に勉学に励むタイプ?! もしくはPCが得意な方かしら?
設計段階で、特に意識なく書斎カウンターを二ヶ所設けていた私。
何か感じていたハズなのよ。。。

まだ見ぬマスターよ! 出会いが楽しみです。。。
その際は、この さくらhouse のこだわりを存分に語らせていただきますわ!

ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop