› 
BLOG はたらく石

2017/09 << September 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

05Sunday 2010.09

タイプ。

様々な建築素材の掲載
それらの特徴までもが細かく紹介された 建築素材BOOK (題名忘れた、てきとー)
これを携えて、ワイン・ベリィhouse オーナー夫婦は遊びにやって来た。

石村さんに見せたら喜ぶぞ! と思い持って来てくれた・・・おもしろい。
そして、思惑どうり本にかじりつく私。
本を見ながら うわの空で交わした世間話など 覚えていない・・・

はまり込む私を また始まった・・・ と思いながら見ていたそうだが
持ってきた方が悪い。
そして何故、畑違いの職業の彼らが この本を持っているのか・・・趣味なのか
いいえこれが、彼なのだ。

「この金属の錆び たまらん!」 
いったいそれを語ってどうなるのだろう・・・しかし楽しい

ワイン・ベリィhouseの 設計デザインをしてから 約一年
一緒に楽しんでくれる 施主さまであり 友である彼らは
私と同類であり 別タイプの ”押しピンの穴も気になる”タイプ
対して私は ”押しピンの穴など見えない”タイプ 
同類であれ、枝分れはある。 心地良ければ、同類なのだ。

ページ上部へ

 ホームページ 実績紹介。。。 

「Wine Berry house」
 ワイン ベリィ ハウス。 サイトアップしました。

こちらからどうぞ・Wine Berry house

ページ上部へ

07Sunday 2010.02

O型らしい。

「〜ばっさい(伐採)するわけですね。」 ・・・いいえそれは、ばっすい(抜粋) です。
”いいまつがい” 炸裂である。 
ワンズ在籍中に設計・デザインさせて頂いた。ワインベリィーhouseの撮影に訪れた。
以前紹介した奥様のいいまつがいは健在である。 
ブログ 「ブレないけれど・・・ボレている。」 へどうぞ



「リオーヴ」 の写真家と共に 撮影に望む
流石のアングル、採光の取り入れ方、感嘆のため息が漏れるばかりだ
私は横でべらべらしゃべって、邪魔ばかりするのだが、写真家はお優しく大人なので怒らない。
ゴメンナサイ。ありがとう。。。
しゃべっている間は気づかない、後で あっっ!邪魔しちゃったかな・・・!と反省するのだ。遅い遅い



様々な話題で盛り上がるひと時、またもパワーをいただきました。
”O型の性格” だったか題名忘れたが、その本を読んで、奥様は「石村さんそのままだ!」
と驚いたらしい・・・題名調べないでブログに載せたりが平気な私だから仕方がないが、
そのままだ!と驚く彼女もO型なのだ・・・互いにO型らしい。 写真家も同じ。
今回はO型ばかりに囲まれたご主人が、辛かったのでは。と思う
だってO型は、O型であることが好きだから・・・ふふふ

ページ上部へ

思いをはせる・・・このインナーガレージで ライトを浴びるアルファロメオ。 
設計中、建築中 いったい何度空想した事だろう。 
ホワイトの君が映えるようにと、壁をブラックに塗ってよかったわ。。


この眼で見るはずだった !初! アルファロメオ IN ガレージ を写真で見てしまった・・・
忙しさにかまけて、 ロメオに会いに行かなかった私を呪う〜

ガレージとご主人のアトリエを繋ぐ扉はサッシと同じワインベリィーに塗り
アルファロメオのエンブレムと引き合っている。 
この家の名は、”ワインベリィーhouse”
 

Img_20091204_0219_2 


Img_20091204_0220

お庭が完成したら、優秀なカメラマンと共に参上します!


ページ上部へ

02Monday 2009.11

信じてくれた事。

 赤いサッシの”ワインベリィーM様邸”。本日完成引渡し  
                                

          Img_20091101_0095_2

私が”ワンズ”在籍中に ご契約していただき、途中 設計事務所設立でしたから
M様には、さぞ ご心配や不安をかけてしまったと思います。                          

ただ、話を重ね 感性を感じ取り 表現する! 
私にはこれに邁進するしか ご心配を払拭する手立てはありませんでした。

退職までに多くを語ることが出来ず 今に至った事を苦しく思いながらも、
何度もお会いして 打合せに、世間話に こだわり話。  
趣味や夢や話は尽きることなく 感性を磨き合い、悩みもしながら、
笑顔の多い打合せを経て 今日に至った事。感謝しております。      

「石村さんのやってみたい事。僕らの家でやって下さい!」 そう私を信じてくれたこと。
何より勇気となり感性を発揮するパワーとなりました。本当にありがとうございました!!


LEDを仕込んだニッチ棚。 飾るモノに困ってはいけない!と思い。
プラム色のガラスの器を送りました。光が通ると幻想的、、、。
         Img_20091101_0098
     大五木材で選んだ木。「パープル・ハート」ぬめりを感じさせる紫色。                 
 
    日本名「紫御殿」むらさきごてん。
     
下のはツユクサ科の草。「紫御殿」 同じ名なのね。
     
昔から好きで我が家に植えてます。

          Photo
 
  

          Img_20091101_0101_2 
           リビング・キッチン横に配した 〜キッズルーム〜 
 
         こんな使い方はいかがでしょう。意味ないわ・・・
          休日の為 引渡しに連れて行かざるおえなかった 我が子。
          こん
な遊びしてました。失礼しました、、、。      


ページ上部へ

06Tuesday 2009.10

はたらく木。

ようやく足場が外れ。

板張りの建物は、ガレージとご主人のホビールーム。 

思わずガレージに私の車を入れてみたくなったけれど・・・こだわりのご主人がショック受けるから・・・まるで今 出て来たプジョー!を演出をしてみました。 
似合うわプジョー!・・・失礼。 ご主人のアルファ・ロメオのほうが断然似合います。

Img_8074_2

まばゆい白と米杉のコントラスト。米杉をワックス塗布のみで仕上げ、縞々の色むらを愉しむ。 
私は木材の着色をあまり好まない しかし木材の渋みや深色を好む為 必然と高価な木材選択をしてしまう・・・困りものだけれど、出来れば素材で勝負したいわけ。

人工的に手を加え最初から作り上げてしまうではなく 何年も何年も一緒に変化を愉しみたい。

ページ上部へ

27Sunday 2009.09

真剣顔。

 真剣!左官職人さんの真剣顔! 
普段彼らの表情を意識して見る事はないので、(見てたら おかしいし) こうして偶然にも写真に納まった真剣顔を とても嬉しく思った。 頑張ってくれてありがとう。   
これはワインベリーのサッシのお宅。サッシが引き立つようにと選んだ壁材を左官コテで仕上げているところ。

Img_20090925_0121_2

このお宅はリビング横にキッズルームを配している。
リビングとの間の壁にアイアンの飾りを溶接してはめ込んだ。 以前 ”カフェ クレマ” で、試みた手法。  


Img_20090925_0122_7


ページ上部へ

Img_2

大五木材さんでの打合せ。”木の語りべ” がココにおられる。
そして、語る語る・・・しかし私も負けてないので、話はどんどんディープになるが、私たちは大変楽しい。
ただお連れしたお客様は、どうか・・・今回のお客様Mさまは大変馴染んでおられた。
というのもご主人は 細かく 鋭く こだわる! 奥様は 「言いまつがい」 イヤ 「言い間違い」 の天才! そしてお二人の要素を兼ね備えた私。なのでピッタリの組み合わせなのだわ。 

奥様の言い間違いは数多い「石村さん私、坪庭に”てんさい”植えようと思うんです。」
・・・それはてんさい(天災)ではなく、なんてん(南天)・・・。
難を転じるという意味を持つ南天ですからあながち遠くは無い面白い!

Img__2
 

ページ上部へ

日々の一瞬をつづっています。下記ボタンよりご覧ください。 TOMOKO ISHIMURA INSTAGRAM TOMOKO ISHIMURA FACEBOOK

pagetop